1. まとめトップ

メタンハイドレートで、日本のエネルギー問題解決出来るか

福島第一原発の事故により、にほんの原子力発電とまってしまい、発電のため燃料を大量に購入しなければならなくなってしまいました。自然エネルギーなどに取り組んでおりますが、今日本近海に大量に存在するメタンハイドレートが急も腐れています。メタンハイドレートの開発の現状と計画はどうなっているのでしょうか。

更新日: 2014年12月05日

2 お気に入り 7410 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinoko101さん

日本のエネルギー問題

日本はエネルギーの大量消費国でありながら、エネルギー自給率がわずか5%と低く、エネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っています。
日本が必要とするエネルギー資源の中では石油が約半分を占めていますが、そのうちの90%弱を、政治情勢が不安定な中東地域からの輸入に依存しています。

日本の貿易収支

福島第一原発の事故以来貿易収支が悪化している。

財務省が発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、2014年上半期の貿易収支は▲7兆5,984億円と、半期ベースで過去最大の赤字額となった。

日本のエネルギー資源の輸入額

東日本大震災で原子力発電所が停止してからの貿易赤字

日本は2010年まで30年連続で貿易黒字を計上し続けていた。2011年に31年ぶりの貿易赤字に転落したのは、東日本大震災で原子力発電所が停止し、火力発電の燃料輸入が増えたことが最大の原因である。

メタンハイドレートの特性

メタンハイドレートは、低温高圧の下で水分子にメタン分子が取り込まれ、氷状の物質。

天然ガスの主成分であるメタンをカゴ状の水分子が取り囲んだ物質で、低温高圧の海底下や凍土下に存在します。人工のメタンハイドレート結晶は白く冷たい氷の様な形状で、火を近づけると燃焼することから、「燃える氷」ともいわれています。

メタンはマグマを原料とする火山ガスであり、もっとも単純な炭化水素である。実際にメタンハイドレートは環太平洋火山帯に多く分布し、特に地震の多い火山帯の日本に集中していることが知られる。

冷たい氷の様な形状で、火を近づけると燃焼する

燃焼する時に生じる二酸化炭素、窒素酸化物、硫黄酸化物の量が石油や石炭に比べて少ないため、クリーンエネルギーとして注目されています。

大陸棚が海底へとつながる、海底斜面内の水深500-1000 mに存在する。

メタンハイドレートの日本近海の埋蔵量

メタンハイドレートは日本周辺に限らず、世界各地の永久凍土層や深海の海底面下に分布しています

日本近海は世界有数のメタンハイドレート埋蔵量を持つとされる。本州、四国、九州といった西日本地方の南側の南海トラフに最大の推定埋蔵域を持ち、北海道周辺と新潟県沖、南西諸島沖にも存在する

天然ガス換算で7.35兆m3(日本で消費される天然ガスの約96年分)以上と推計されている。

日本近海の海底にも天然ガスハイドレートが埋まっているといわれており、そのガス量は、なんと日本のガス使用量の約100年分!

メタンハイドレートの埋蔵分布

日本で消費するエネルギー100年分埋蔵している。

日本だけでなく、世界中に分布している。

資源大国日本の可能性

日本は自国で消費するエネルギー量を賄える自主資源の保有国になるという意見があり、尖閣諸島近海の海底にあるとされている天然ガスなどを含めると日本は世界有数のエネルギー資源大国になれる可能性があるという意見もある。

メタンハイドレートの生産

メタンハイドレートは様々な形態で存在しますが、MH21は石油・天然ガス開発の機器や生産手法を活かせる可能性がある

出砂など長期安定生産を行ううえで障害となる課題を克服する技術開発が急務である。また、減圧法のさらなる改良によって、生産量を増大させる必要があることも判明した。

メタンハイドレートの貯蔵

1 2 3