1. まとめトップ

【クリスマス終了のお知らせ】原材料高騰でケーキ値上がり?!

今年はいろいろなものが高騰しましたが、パン屋さん、お菓子屋さん、ケーキ屋さんへの追い討ちが激しかったようで…

更新日: 2014年12月05日

0 お気に入り 1353 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

砂兎さん

ケーキの値上がり

「大手洋菓子チェーン店でも、例年よりホールのケーキで数百円価格をあげることを視野に入れているところが多い。値上げしないとしたら、サイズを小さくしてまかなうだろう」(製菓業界関係者)

もうすぐクリスマス
クリスマスケーキを楽しみにしている人も多い中、今年はケーキの値段が高騰しているようで…

バター不足

今年はお菓子やパン、そしてケーキ作りに必要なバターが高騰しました

国内で生産された生乳の半分は牛乳になります
生乳は保存性が悪く、バターや生クリームなどと比較すると国民にとっては重要なものでもあります

要するに
生乳が不足すると真っ先にバターが消えます

生乳が減少した要因としては
・昨年の猛暑で乳牛の体力が落ちて乳房炎にかかる個体が多かったこと
・酪農家自体が減少傾向にあること
・輸入のさじ加減
など

カカオの高騰

チョコレートの原料であるカカオが高騰している

ここしばらく、新興国でのカカオ・チョコレートの需要が増している
今後も新興国での需要は伸びるであろうから、価格高騰はさらに続くだろう…

ナッツ類も高騰

ナッツを使うケーキには、ナッツの高騰が影響してくる

ヨーロッパ・アメリカなどでの健康志向の高まりにより、ナッツの値段が高騰しているようだ

今年1月に入ってからの米カリフォルニア州産のテーブルナッツ用アーモンドの価格は、1ポンド(約450グラム)4ドルを越え、前年同期と比べて約2割上昇。クルミやピスタチオの価格も連動して上がっており、「かつてない大幅な値上がりに業界全体が慌てふためいている」(中島洋人・日本ナッツ協会会長)

日本では、ナッツ類のほとんどを輸入に頼っている
なので円安の影響をモロニ受けることになる

今年クリスマスケーキを食べるためには、少々出費を覚悟する必要がありそうだ

1