1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
146 お気に入り 337382 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moruzibu21さん

大河ドラマ「軍師官兵衛」が面白くなってきた。

「V6」の岡田准一(33)主演。

豊臣秀吉の軍師として、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した黒田官兵衛の人生を描く。

今日の軍師官兵衛見た。ラスト4話を残してやっと盛り上がってきたなーw岡田官兵衛だと天下をかすめ取るなんて考えしないだろうと危惧してたけど、ちゃんと天下狙うみたいだから良かった!ラストなんだから今までなかった分合戦シーンも入れて欲しいし、官兵衛の軍略を見せて欲しいな!#軍師官兵衛

黒田官兵衛は大河にありがちな「実はいいやつ系主人公」路線で行くかと思ったらこの終盤に来て黒い謀略家路線に入って超面白い

軍師官兵衛は終盤になって悪人だらけのサバイバルゲームと化したなぁ。史実に沿ってるとはいえ特に主人公の悪人っぷりが素晴らしい(´・ω・`)

先々週くらいまでの官兵衛「戦なき世を!」 来週の官兵衛「ウェッハッハハハハ!(戦場で)」

しかし、官兵衛の変わりっぷりに戸惑いや批判の声も

何故最初からこの官兵衛ダーク路線で行かなかったのか??官兵衛が二重人格状態だぞ??? #軍師官兵衛

ほんとに官兵衛、ついこないだまでの偽善的な人格はどこに消えてしまったのだろうか 首尾一貫しておらず不自然なり

全体を通して主人公である黒田官兵衛というキャラクターに一本の芯が通っていないのが非常に残念。それっぽいシーンをつまみ食いしているからか、とにかくシーンごとにまるで別人のようにコロコロと人格が変わる。

今までの「軍師官兵衛」を振り返ってみると。

岡田官兵衛の流れ 前半→さわやか軍師 中盤→ブラック軍師 終盤→暴れん坊軍師 とある記事に書いてあった。わろた。

地方の豪族の家老として頼りない主君を支える官兵衛。

そして、織田と毛利の大大名の争いに巻き込まれていくなか、官兵衛は織田信長の力を見抜き、主君と共に織田家に味方し織田家の武将羽柴秀吉に仕え成長していく。

官兵衛を爽やか人道派軍師扱いで描いてるせいで、謀略てんこもりの中国地方戦線では影が薄い。 #軍師官兵衛

「軍師官兵衛」は戦国ものとして久々に面白い。面白い要因は、主人公に肩入れしていない脚本。毛利と織田の間で揺れる播磨の状況や、織田に謀反をした荒木村重のことなど、あまり高名でない戦国武将の心の揺れなどを丁寧に描いている。#log

官兵衛と親交のある荒木村重が信長を裏切り、官兵衛は考え直すよう説得に向かう。

しかし、村重から官兵衛が仕える主君・小寺政職が同じく信長を裏切り、村重に官兵衛を殺すように頼んだことを聞かされる。

その後、官兵衛は村重が敗れ、城が落ちるまで地下牢に約1年間幽閉される。

さらに、帰還しない官兵衛も裏切ったと思った信長が、人質の官兵衛の子どもを殺したと聞かされる(子どもは先輩軍師の竹中半兵衛が助けてくれていた)。

小寺政職の裏切りや打倒信長に燃えるかつての同志・村重の変わりように絶望感を味わうも、まだ諦めを見せずに果敢に立ち向かった官兵衛。 今まで岡田くんが演じていた官兵衛は若さや爽やかさ、純粋な面が目立っていたのは、この有岡城での一件を丁寧に描くためなのだと感じた。 #軍師官兵衛

幽閉生活を経て冷徹な言動を見せ始め、狡猾かつ老獪な采配を振るようになる。

「愛される部分は前半でしっかりやったので、後半は悪い部分も見せていきたい。(自身の)心を病みながら、悪いことをしていくと思う」と笑みを浮かべながら語った。

主演の岡田准一。

明智光秀の裏切りにより、信長が死んだことを知りパニックになる秀吉。

官兵衛は秀吉に、光秀を討ち信長の後を継いで天下を狙うように進める。

「本能寺の変」では、官兵衛が秀吉に「好機が訪れましたぞ」と進言するシーンもあるが、「有名なセリフなので、これが言えるならと(官兵衛役に)手を挙げた」と語る岡田は、「悪そうに言えればいいなと思っていたので悔いはない」と仕上がりに満足げ。

ホワイト官兵衛のキャラの積み重ねのまま、展開だけは史実に沿ってるので、「御武運が開かれた」の史実台詞?の唐突感がはんぱない…破綻レベル…だが…一応人格豹変の根拠に半兵衛殿の言葉をもってきてるので、ここはいろいろ置いといてブラック官兵衛を歓迎しようそうしよう… #軍師官兵衛

官兵衛よかった! 秀吉に囁く姿がまるでメフィストフェレスだ。唐突に変わりすぎって見方もあるようだが、本能寺という大事件でスイッチ入って一気に人が変わるってのはむしろリアル。旧主君との再会でホワイト官兵衛を見せておいて、返す刀でブラック官兵衛への豹変を印象づける流れが見事でした。

で、結局官兵衛はなんでキリシタンになったの?わからないのは私だけ?(゚∀゚;)

それにしても軍師官兵衛のキリシタン設定は、なぜあんなにもあっさりと忘れ去られたのだろう。官兵衛がキリシタンであることによる、秀吉との半目とか、宣教師との交流とか、家中の微妙な軋轢とか、NGMS印とか、ドラマにできることはいくらでもあっただろうに

1 2 3