「軍師官兵衛」は戦国ものとして久々に面白い。面白い要因は、主人公に肩入れしていない脚本。毛利と織田の間で揺れる播磨の状況や、織田に謀反をした荒木村重のことなど、あまり高名でない戦国武将の心の揺れなどを丁寧に描いている。#log

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る