1. まとめトップ

ニキビに使う飲み薬ってどんなもの?

コスメやサプリメントに頼ってないで、皮膚科に受診しましょう。ニキビは病気です。悩んでいても何の得にもなりません。早めに受診して医療用の薬で治してしまいましょう。

更新日: 2017年10月30日

20 お気に入り 51497 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tigermoniさん

病院でニキビ治療に使用される薬は塗り薬だけではありません。

皮膚の病気のため薬イコール塗り薬だと考えている人もいます。

飲み薬もあります。しかし、基本的には塗り薬から開始するのが一般的です。

どうして塗り薬から始めるの?

ニキビ治療にはガイドラインという皮膚科医が参考にする治療指針があります。ガイドラインではニキビでも軽症の方なら塗り薬のディフェリンゲルが処方されることが多いです。飲み薬が処方されるのは中等症、重症、最重症の場合です。

それなら、塗り薬より飲み薬のほうが強いんだよね?

ニキビに使われる塗り薬にはディフェリンゲルというよい薬があります。ディフェリンゲルは軽症から重症の人に処方されるのが一般的です。飲み薬は上にも書きましたが、中等症から最重症の人に使用されます。よって、効果的には強いと言えるでしょう。しかし、人によってニキビの種類や体質も異なるので絶対に飲み薬のほうが効くというわけではありません。

それでどういう飲み薬なのさ?

ニキビはアクネ菌というばい菌が原因です。使用される飲み薬はこのばい菌の活動を抑える薬です。また、皮膚の炎症(腫れ、赤み、熱感)を抑える働きがあります。よって、ばい菌を抑え、皮膚の炎症を抑えるという二つの効果が期待できます。よく使用される薬はミノサイクリンとドキシサイクリンです。

ミノマイシン錠と共に、ニキビ治療に使用される効果的な薬です。

本当に効くの?

この二つの薬は日本皮膚科学会で作成されたニキビ治療のガイドラインで評価の高い薬です。炎症性皮疹に対する推奨度はA判定です。炎症性皮疹ではこれらの薬が一番効くと認められています。

このようなニキビにはこれらの飲み薬が非常によく効きます。悩んでないで皮膚科に受診してください。

よく効くんなら高いんでないの?

ミノマイシン錠は50mgのもので1錠約25円、100mgのものは1錠約50円。ビブラマシンは50mgで約12円、100mgで約22円です。さらに医療用医薬品のため保険がきくのでこの金額の三割負担で済みます。出費としては痛いものではありません。

飲み方はどうなの?

ニキビの状態によっても異なりますが、一般的に1日1~2回程度の服用です。飲む量や回数は医師がニキビの程度を見て判断します。勝手に調節しないで指示に従いましょう。

じゃあ、皮膚科に行ってみるよ。どこの皮膚科でもいいの?

皮膚科であればミノマイシンやビブラマイシンのどちらかは置いてあるでしょう。あまり悩まずに近所の皮膚科に受診してみましょう。ただし、医師がニキビの状態によっては別の薬を処方する可能性もあります。あなたに合った薬を出してくれるのであまりうるさい注文はしないようにしましょう。質問してみるのはいいと思います。

じゃあ、飲むときの注意点はある?

ミノマイシンではめまいの副作用が出ることがあります。そのため、自動車の運転等危険を伴う機械の操作及び高所での作業等に従事させないように注意することとなっています。

他に副作用はある?

両方の薬に共通する副作用として、腹痛、悪心、食欲不振、嘔吐、下痢、発疹、舌炎、口内炎などが報告されています。副作用が出る確率は低いですが、知っておいたほうがより安全に服用することができます。また、これ以外にもまれな副作用もあるので、いつもと体調が違う場合はお薬をもらった病院に受診し、症状を伝えることをおすすめします。

水で飲めばいいんだよね?

これらの薬はカルシウム、マグネシウム、アルミニウム、鉄剤と相性が悪く、一緒に飲むと薬の効果が低下してしまいます。そのため、必ず水道水で服用してください。ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムが多く入っているものもあるためよくありません。これ以外にも飲み合わせの悪い薬などもあるので、薬剤師に必ず現在飲んでいる薬を伝えて相性を見てもらいましょう。

妊娠したかもしれないけどこのまま飲んでていい?

だめです。これらの薬は胎児に骨の発育不全、歯牙の着色・エナメル質形成不全を起こすことがあります。また、動物実験で胎児毒性が認められているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人は基本的に服用しない方がいいです。担当医に相談しましょう。

1 2