1. まとめトップ

お財布を金運財布にするためには、毎日やっておくべきことがあった

お金を呼ぶために、毎日やっておくべきことをまとめました。

更新日: 2018年01月28日

201 お気に入り 351117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuki2929さん

毎日、財布の中をきれいに片づける

財布にレシートを入れないこと。
これは財運をつくるための鉄則です
余計なもので財布をふくらますと、肝心なお金が入るスペースがなくなります。
お金に好かれたいのなら、財布の中はゴチャゴチャにならないよう整理しておきましょう。

いらないものを捨てて、お金の入るスペースを。

長財布の中は普段から整理整頓してきれいにしていきましょう。
レシートを入れっぱなしにしたり、使うかどうか分からないカードを入れっぱなしにしてはいけません。

あまり使わないカード類は、カードケースに入れましょう

小銭も必要以上に持ち歩かないようにしましょう。小銭が増えたら、まずは小銭から使うようにして減らしていきましょう。じゃないと、小銭ばかりが集まってくる財布になってしまいます。

お札の向きがバラバラだと、エネルギーの流れもバラバラになり、エネルギーが打ち消されるので、お札の向きを揃えること。

仕事上、レシートや領収書を取っておかなくてはならない人は、レシート用のポーチをひとつ用意しましょう。

帰宅したらカバンから出して、暗い所にしまっておく

財布にも一日の疲れを癒す場所が必要なんです。ですから、帰宅したら財布をバッグや衣服のポケットから出して、休ませてあげましょう。

帰宅したら、まず鞄(カバン)から財布を出して、棚などの上に置いて休ませるようにしましょう。
仮に、鞄(カバン)の中に入れっぱなしにしておくとしても、その鞄(カバン)を床に直に置いていけません。
床は足が直接付く場所で邪気が溜まりやすい場所です。そんなところに長財布が入った鞄(カバン)を置いてしまっては、財布自体に邪気が溜まってしまうからです。

財布を休ませる保管場所は、基本的に静かで、光が直接入らない暗い場所(部屋、固定された入れ物など)を選びましょう。出来れば、寝室の北側の静かな暗所を選んで、落ち着く財布の置く場所を作り、保管しましょう。

お金は暗いところで増えるという性質があります。
一番お勧めなのほ、寝室の北側の暗いところ。
クローゼットやチェストなどを置いて収納します。
押入れがある場合は、箱などに入れてしまいましょう。
お金専用の保管スペースを作ることが金運を上げるコツ。

家の中で財布を保管する場所は西か北か東西の方向にします。
西は金運をつかさどる方向です。
北は運気を育てる方向です。
東西は財運を運ぶ方向です。
風水財布で開運してお金持ちになりたければ、方角にこだわることも重要です。

できれば布団に寝かせる

テレビで見た話ですが、タレントの松居一代さんは”財布の布団”なるものをつくって、毎日財布を寝かしているそうです。
そして、お金の事を「お金ちゃん」と呼んでいましたね。
そんな風に、お金に人格与えて考えると、そうそうぞんざいな扱いはできなくなりますよね。

だからお金に好かれてるんですね

お金を呼ぶために、お財布に中に入れておくもの(アイテム)

以下の小さなマスコットは風水では開運効果があると言われています。
・カエル→お金が返る
・トカゲ→古来より幸せの象徴
・招き猫→幸運、金運を招く
・亀→長寿の象徴
・打ちでの小槌→金運の象徴
・鈴→高い音の鳴るところに幸運がやってくる
・呼び銭(古銭)→寂しがり屋なお金を引き付けるパワーが

神社でおみくじについてくる縁起物がちょうどよさそう

金運は音の鳴るものに寄ってきます。
財布の金具のところに音の鳴るものをつけておくと、金運を呼び寄せることができます

まず、蛇の抜け殻。
これは、金運アップのための縁起物としてはご存じの方も多いと思います。
蛇そのものが代名詞といってもいいほどのメジャーどころ。

次に幸運の鳥であるふくろう。
ふくろうも「不苦労」という語呂合わせから、
縁起物とされています。
金運だけでなく、知恵の神様としても知られており、
学問関係のお願い事にも効果が。

また、恵比寿さんや大黒さんといった
七福神のキーホルダーを付けるのもお勧めです。
小さなマスコットを小銭入れに入れてもいいでしょう。
運気が相乗効果で高まることうけあいです。

他には、金やゴールドの小物を忍ばせるのもいいですね。
お金の元である金やゴールドを入れることによって、
お金が集まってくるとされています。

“豊穣”や“実り”を表すイラストや写真、もしくはフルーツモチーフのキーホルダーをつけるのがおすすめです。

アイテムは、くれぐれもつけすぎないで!

金運アップしてくれるアクセサリーやストラップをつけすぎると、逆に金運ダウンになってしまいます。『必要以上に飾り立てる → 見栄を張る → 余計な出費が増える』という流れです。小さいものを1つ、多くても2つまでにしておきましょう。最初から付いている財布には、それ以上は付けないようにしましょう。

お金を呼ぶために、お財布の中に入れておくもの(たくさんのお金)

お金は寂しがりやです。ですから、1万円札を1枚だけ財布の中に入れるのではなく、できるだけたくさん入れてあげるようにしましょう。仲間がたくさんいた方が財布も楽しいのです。

1 2