帰宅したら、まず鞄(カバン)から財布を出して、棚などの上に置いて休ませるようにしましょう。
仮に、鞄(カバン)の中に入れっぱなしにしておくとしても、その鞄(カバン)を床に直に置いていけません。
床は足が直接付く場所で邪気が溜まりやすい場所です。そんなところに長財布が入った鞄(カバン)を置いてしまっては、財布自体に邪気が溜まってしまうからです。

出典風水財布〜開運して金持ちになる財布の形・色・使い方とは?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

お財布を金運財布にするためには、毎日やっておくべきことがあった

お金を呼ぶために、毎日やっておくべきことをまとめました。

このまとめを見る