1. まとめトップ

【翻訳】Why Birdy Is About To Take Flight

本まとめは2014年5月1日refinery29.com掲載記事、Why Birdy Is About To Take Flightの和訳となります。

更新日: 2015年03月19日

0 お気に入り 1084 view
お気に入り追加

Birdyが飛翔するところなわけ

2014年5月1日 ヘーデン マンダース

Birdy、ジャスミン・ヴァン・デン・ボーガルドは神童と12より世界中で呼ばれて久しい。一方でこの号は深刻なお荷物も連れてくるものだ。しかし今、彼女は18になる。この歌手はこのタイトルにも心底平然といったように見える。むしろ、彼女は今さらなるゲームに面向かっているではないか。The Fault in Our Stars/"きっと、星のせいじゃない。"サウンドトラックにセカンドアルバムの米国でのフルリリースの洪水を次にひかえている。

ならば良いことだ、Birdyがスポットライトの常連であることは。Birdyはこの6年間その照明の下で演奏してきている。まだ当人がティーンエイジャーと呼ばれもしない12歳の時にBirdyは英国版音楽大会のOpen Mic UKで、英国中の百万の視聴者を前に満員のホールで演奏してきているのだ。
この成功は多分に、それは彼女が経験したことはないと認めた、ハートブレイクのセンスとこの星に来てまだ若い少女が経験してきたとは思われない追憶と渇望の想いが染み込んだ彼女のユニークな音を原因とし得るだろう。しかしそれも年齢不相応に思われる、彼女のそれの、才能のさらなる証明に過ぎない。

もちろん、これは全くあなたが彼女を天童、神童、センセーションだと思うことなわけなのですが、ただ、Birdyは神童ではないことを知ってほしい。彼女は何かを作ることのカタルシスと世界を理解するために音楽を作っているのであって、それで、望みには、彼女の仕事通して、聴く人たちもまた少しだけもっとこの世界を理解できますように。あるいは、少なくとも、彼らの道が少し粗く荒んだ時に、頼れる誰かがいますように。

※Open Mic UK - 全英音楽大会。予選もあるのでBirdyはコンテスト勝ち抜くにあたり数度たくさんの人の前で演奏している。

Birdyはニックネームだと。これはどうしてそう?

「自分がまだ赤ん坊だったときから来ています。うちの両親が食事を私に与えようとした時に、私がどうも口を本当に大きく開けていたらしいんです。基本的にそれで全てです。」

それで、それからそれがあなたのステージネームになった。音楽はいつから?

「私が大体6歳か7歳でママがピアノを教え始めた時からになります。母はコンサートピアニストなので、自分は大量のクラッシク音楽と、同じくパパの方からポップな音楽の中で育ちました。自分が作曲を初めたのは8歳の時なのですが、「ただ私が好きなこと」ということで、「生活とか暮らすためにすることとして、したいこと」としては、考えたことは一度もありませんでした。私はただした。

※~ as something I wanted to do for a living. I just did. 音楽をするようにできている。

一番初めに書いた曲を覚えていますか?

「"Shadow on the Floor"だったか何だったかそんな感じの名前だったかと。(笑い) 本当に悲しいハートブレイキングなものでした。」

うむ、ハートブレイクは私があなたとお話したいと思っていたことです。あなたのファーストアルバム「Birdy」はとてもヘビーだ。現実のハートブレイクは経験したことがおありで?

「(笑い)ノー。そう言いたいところなんですけど、そうだとは言いませんよ。少なくともそのフルエクストリームのロマンチックハートブレイクの。」

※I wouldn’t say so. - I wouldn't say I have experienced real heart break. 「そう言いたいところなんですけど」は、「現実のハートブレイクの経験があるとは言えないでしょう」から説明的に付け加えた。

それじゃあどんなハートブレイクになるので?

「私の心が壊れてしまったことがあるとは言えないでしょうけれど、けれど愛とハートブレイクはあなたのまわりにも普遍的に見えることだと、私はことに思っています。そんなように、あなたはある種気が付く。違いますか?時には、いつもそれがロマンチックな愛というわけではない。それは口論中の友人達や家族の間にも在り得える。」

歌にしてきている最も強い種類の体験は何なのでしょうか?

「大体は友人や、ただ私が大きくなったことから来ているかと思います、本当に。人々のグループの中にいること、彼らの間で、家族の間で、起きること。新しい人たちに会うこと、違う場所へ行くことです。」

2008年から今までの間、Open Mic UKを12歳で優勝してから今日までにあったことは?

Birdyが出現した。それでそれからはこちらのレーダー網をただかいくぐって来ているのだというみたいに感じます。

「最初のアルバムを出した時には私はヨーロッパで働いていたり、諸々のことをしていました、ですので。その頃もたくさん曲は書いていました。レコーディングと作曲でアメリカのロサンジェルスにも行ったことがあります。
それでたくさんのツアーをしていました。オーストラリアにも出て、そこでもツアーをやっています。シドニーのオペラハウスで三夜演奏しているのですが、インクレディブルでした。シドニーのオペラハウスに行けるようになるとは考えたことが無かったです、その一年間は本当にクレイジーでした。ロンドンのパラリンピックオープンニングセレモニーで演奏して、それはインクレディブルで、また私の中で一番大きな思い出の類です。」

※Birdy came out, and then you just went under the radar. - 12歳で英国音楽大会を優勝しているのにこのインタビュー時18歳までBirdyの話題は米国で音沙汰無しだったにも関わらず、このインタビューの頃セカンドアルバムFire Withinの米国発売があり全米興行収入1位を獲得した映画のサウンドトラック中に突如として名を連ねていることについて。

ワォ。まだ年若い時のこの種の名声はあなたを萎縮させない?そのことについてあなたの想定はどうでしたか、また今はこれをどう感じますか?

「思うに、私はそのことについて本当にはそんなにたんまり考えたことはないです。それが私が本当に欲しいと願っていたそれであったことは決してありませんでした。正直に答えて。私にとって、それはいつも音楽であって、ただ私がしているものを愛すことです。
良い評判も本当に楽しいです。ファンや音楽を楽しむ人たちと会いました。それはアメイジングですが、でもまだ私には何かおかしな感じです。」

自分がティーンエイジャーで突然スポットライトの下へ上がり込んだらとなると、自分がどうするだろうか自分でも分かりません。理解することが、まだそれはたくさんのことがあるでしょう。

1 2 3





Birdyさんの信じがたい才能を追うと共に和訳している身体サイズ完全1テイラー・スウィフト長の者です。
いやいや、本職は必ずBirdyを勝たせる、いや、Birdyに勝ちをとって頂きたい。