1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

1杯1000円!?京都の風物詩「大根だき」にネットがザワつく

京都の師走の風物詩「大根だき」。ニュースで1杯1000円だと報道されると、ネットでは驚きの声が。実はこの「大根だき」、諸悪病を取り除くなどの言い伝えが存在。また、お祓いをしたり何日も煮こむなど手間もかかっています。みなさんも是非一度訪れて味わってみてはいかがでしょうか?

更新日: 2016年12月02日

75 お気に入り 171973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ace23さん

京都の師走の風物詩「大根だき」

京都市上京区の千本釈迦堂(大報恩寺)で7日、師走の風物詩「大根(だいこ)だき」が始まった

京都では、“大根”を「だいこ」と呼ぶことから、今昔「だいこだき」と呼び習わしている

7日の京都市は厳しい冷え込みとなったが、訪れた人たちは長い行列を作った

何日も煮込んだ大根と油揚げが振る舞われる

信徒の女性らが、梵字が書き入れられた大根を直径1メートルの大鍋で炊き上げる

境内には大きな釜が6つ並べられ、何日も煮込んだ大根と油揚げが参拝者にふるまわれた

大鍋の前に並んだたくさんの参拝客は熱々の大根が入ったおわんを受け取ると、満足そうな笑顔を見せていた

実際に訪れた人がたくさん!

この大根だき、お値段は1杯1000円

千本釈迦堂の「大根だき」は、およそ1万5000食がふるまわれる予定

値段を知ったTwitter民がざわつき始める

よからぬ計算式を考える人も

1杯1000円×15000食… (^_^;) Reading:師走の風物詩「大根だき」 京都 NHKニュース nhk.jp/N4Gh5maD

師走の風物詩「大根だき」 京都 「大根を食べて無病息災」 「上京区の「千本釈迦堂」 釈迦が悟りを開いたことを祝う法要」 www3.nhk.or.jp/news/html/2014… 「1杯1000円で1万5000食が…」(ŎдŎ;)

大根だき一杯1000円×15000食=?円。(*_*)こういう計算しちゃいかんのですな。

「大根だき」の起源は遡ること鎌倉時代

京都市上京区の「千本釈迦堂」の「大根だき」は、釈迦が悟りを開いたことを祝う法要として鎌倉時代に始まったと伝えらている

鎌倉時代に、大根の切り口に梵字(ぼんじ)を書き入れ、魔よけとして参拝者に振る舞ったのが起源という

1 2