1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

どう処分すればいい?パソコンの正しい捨て方まとめ

部屋の大掃除の際、パソコンの捨て方について地味に戸惑ったので備忘録として調べたことをまとめてみます。果たしてタダで処分できるのか。

更新日: 2015年01月27日

408 お気に入り 158366 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hitonamiさん

■まず第一に市役所では処分できない

「資源有効利用促進法」では、家庭用パソコンのメーカー等に回収および再資源化が義務付けられています。

基本的に自治体での処分・回収は行われないため不燃物・粗大ゴミとして出すことは出来なくなっています。対象のものは、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と本体の一体型パソコンなどです。

マウスやキーボードなどは例外とのこと。

廃棄される家庭系パソコンを再資源化することにより、廃棄物の削減と資源の有効利用の促進を目指すために、平成15年10月1日から「資源有効利用促進法」に基づき、家庭系パソコンのメーカー等(製造業者及び輸入販売者)による回収・リサイクルが始まりました。

■処分方法1.メーカーに引き取ってもらう

PCリサイクルは、「資源有効利用促進法」に基づく、ご家庭で不用となったパソコンを回収・リサイクルする仕組みです。回収して資源に戻すまでをパソコンメーカーが責任を持って行いますので、安心です。

パソコンが不要になったら、メーカーに回収を申し込みます。受付窓口は、各社または社団法人電子情報技術産業協会のホームページをご覧下さい。

電子情報技術産業協会の公式HP:http://www.pc3r.jp

自作のパソコン、倒産したメーカー・事業撤退したメーカーのパソコンなど「回収するメーカーのないパソコン」は、一般社団法人 パソコン3R推進協会が有償で回収します。

パソコン3R推進協会の公式HP:http://www.pc3r.jp/

■処分方法2.専門業者に依頼する

メーカーにパソコン回収を依頼するほかには、廃棄処分業者に引き取ってもらうという方法もあります。

処分業者の選定にあたって注意するべき点は、相手の業者が都道府県知事等の許可を受けているか、委託する産業廃棄物の取扱いが許可を受けている範囲か、必要な処理基準を満たしているかなどです。

オークションや中古販売店で売られているPCやHDDに個人情報が残っているケースは国内外で報告されている。大容量化/複雑化が進むデータ記録媒体の処分は、信頼できる業者に任せるのが得策と言えそうだ。

■処分方法3.ムリクリゴミとして出す(非推奨)

各自治体によります。が、大体は可能なはずです。お住まいの市町村の役所に確認してみて下さい。ただ、デスクトップのケースは解体が難しく、結局はケースだけ粗大ゴミのお金がかかると思われます。

ただし気をつけなければならないのは、分解・解体されたパソコンは、パソコンパーツという位置づけになるため、逆にメーカーでのリサイクル処分ができなくなります。変わりに粗大ゴミ化して、不燃ゴミ(燃えないゴミ扱い)になります。自作パソコンも同様です

必ず自治体が回収してくれるとは限りませんので、分解してみたが自治体に回収を断られた、仕方ないのでパソコンメーカーに申し込みをしたが、分解されているのでメーカーにも断られる、といった可能性も否定できません。

■処分方法4.売ることはできるか?

大手のパソコンショップなどでは、中古パソコンの買い取りを行うお店があります。このようなお店では、売りたいパソコンの型番や商品名から、だいたいの買い取り価格を知ることができるので、尋ねてみてもよいでしょう。

パソコンを業者に販売するときには、それが完全に動くことが最低条件です。タイプや年数によっては、買い取ってもらえないこともあります。

パソコンを売る前にしっかり掃除をしましょう。見た目をきれいにしておけば買い手が見つかりやすくなり、クレームなどのトラブルも予防できます。

1