1. まとめトップ

知ればじわじわくる。でも意外と知らない山形県・・・・やまがたは魅力たっぷり!みんな見てけろ!!

意外と知られていない山形県。しかし、ラーメンの消費量が日本一だったり、意外な有名人の出身地だったりします。山形県の見どころ、おいしいグルメ、今はやりのご当地アイドルや方言などなど山口の魅力を紹介します。

更新日: 2018年04月24日

8 お気に入り 66311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SON777さん

山形県はラーメン消費量が日本一

冷やしラーメン(ひやしラーメン)は、山形県の郷土料理。日本の麺料理の一つ。その名の通り冷たいラーメンであり、スープも麺も冷たく、氷を浮かべることもある。冷やし中華とは異なり、通常のラーメンと同じようにたっぷりのスープに麺が浸されている。

鰹の和風出汁(だし)に中太の縮れ麺、チャーシューの代わりに鶏肉。澄んだスープに天かすが浮かぶ「鳥中華」。2010年、食の専門家によるB級グルメコンテストで全国6位に選ば れ、全国のラーメンファンの間で話題になっています。

赤湯産の唐辛子を使った「辛みそ」を、濃厚で深い旨みのあるスープにとかすことによって、旨味を更に引き出します。麺との相性も抜群で、他の店では絶対に味わえない味です。

米沢ラーメン(よねざわラーメン)とは、山形県米沢市周辺で供されるラーメン(ご当地ラーメン)。細打ち縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴。出汁は野菜や鶏ガラ、煮干しなどを使う店が多い。

酒田ラーメン(さかたラーメン)とは、山形県酒田市を中心とする庄内地方北部で供されているラーメンである。
豚骨、鶏がら、煮干、昆布を出汁に使用し、自家製麺比率が非常に高い。具は、チャーシュー、メンマ、ネギが基本であり、透きとおった醤油味のスープであることが特徴。また、生地が極薄のワンタンが入ったワンタンメンや、そのほか各店のオリジナリティーのある味が人気である。

とりもつラーメンとは、山形県新庄市で供されるラーメンである。 新庄市内の居酒屋でもメニューとして鶏のモツ煮込みを出していたところ、いつの頃からか、一部の常連客がラーメンと鶏のモツ煮込みを同時に注文して食べるようになり、その食い合わせの妙に気付く者が現れた。これが、やがて「とりもつラーメン」の誕生へと繋がった。

ご当地グルメも盛り沢山!

牛肉、里芋、こんにゃく、ねぎを主な材料とし、醤油で味付けをした鍋。 すき焼きを連想 させる味付け(醤油+砂糖の甘さ)が特徴です。

山形の秋の風物詩 「日本一の芋煮会フェスティバル」。 山形では秋になると家族や友人達のグループが集まり、河原で石を積んでかまどを作り、里芋、牛肉、コンニャク、ネギなどを入れた野外鍋料理を楽しみます。 そんな芋煮の季節の到来を告げるのが、毎年9月に山形市の馬見ヶ崎河川敷で行われている「日本一の芋煮会フェスティバル」です。
これは、6mの大鍋で煮炊きする、おいしさもスケールもまさに日本一です。

一般的に芋煮カレーうどんは、牛肉を使ったしょうゆ味の芋煮の残りに、カレールーとうどんを入れて作る。数十年前から河原などで開かれる芋煮会で広まった。

どんがら汁(どんがらじる)は、山形県庄内地方の郷土料理。極寒の時期に捕れるタラは、この地域では「寒ダラ」と呼ばれる。この料理は漁師らが船上や浜辺で食べていたのが始まりとされている。庄内地方では各家庭で食べられているほか、各地で「寒ダラまつり」が開催されており、どんがら汁を味わうことができる。
なお、「どんがら」とは魚のアラのことを指す。

丸いこんにゃくを醤油入りのダシで煮込み、茶色く色が付いた玉こんにゃくを竹串や割り箸で団子状に刺して食べるのが主な食べ方。からしを塗って食べる人も多く、玉こんにゃくを取り扱う店(屋台)ではからしが備え付けてあったりセットで付属されてくるするケースも多い。

割り箸に巻かれたお好み焼き。昭和13年頃、大場亀吉がリヤカーで販売したのがはじまりだと言われており、1本の削った木の棒に巻き付けていたが、後進たちには技術的に難しかったため、2本の棒、あるいは割り箸に巻付けるように変化した。また味付けも醤油が一般的だったが、ソースが普及するようになり、醤油からソースへと変わっていった。現在、どんどん焼きはソース味の海苔・魚肉ソーセージ入りのスタンダードなものから、具材にたまご、チーズを使うものや、味付けも梅肉、カレー風味など、そのバリエーションは豊富である。

みょうがやきゅうり、なす、しその葉などをきざみ、醤油などで和えたもの。ご飯とはもちろん、冷奴や酒の肴にもぴったりな家庭料理です。

板そば(いたそば)とは、山形県内陸部で広く食べられる蕎麦(そば)の一つである。
ざるではなく木で作られた長方形の浅い箱状の器に薄く均一に盛られる。蒸籠に盛られるより水分の吸収が蕎麦に適している。通常は盛り蕎麦の3〜5人前の量であるが、蕎麦好きであれば、軽く平らげることができる。

冷たい肉そば(つめたいにくそば)は、山形県河北町の郷土料理。山形県河北町におけるそばの食べ方の一つ。具は鶏肉(歯ごたえのある親鶏が中心)とネギがメインで、つゆは鶏だしで冷たくしてある。のびないように冷やして出したのが始まりと言われている。また、のびにくいということで酒の肴としてあてがわれることもある。 冷やしすぎると鶏の脂が固まるため、冷たいというよりは常温に近い。 地元の店では温かい肉そばも提供されるが、冬でも冷たい肉そばを注文する客が多い。

山形県鶴岡の特産品「麦切り」。麦きりは一見うどんのようだが、うどんより細めで、つるつるもちもちとした食感が特徴。地元では年越にそばではなく、麦きりを食するほど。
どの店も麦切りと生そばの合い盛りメニューが好評で、一度に麦きりとそばのふたつの味が楽しめる。

山形県内陸部、特に村山地方におけるうどんの食べ方の一つ。茹で上がったうどん(主に乾麺を用いる)を釜や鍋からすくい上げて、そのまま納豆やサバ缶などで作ったタレで食べる(かける・つける・絡める)スタイルのうどんである。

地域活性化のためにB-1グランプリ獲得を目指し、
もともと余目などで人気のあった「後がけソース焼きそば」を改良。最大の特徴は、焼きそばに味が付いておらず、
お客がソースをかけて自分好みの味を作ることだろう。
これにより、麺がソースを吸うことなく、
最後までしっかりとした食感を楽しめるようになっている。

米沢牛(よねざわぎゅう)は、山形県米沢市がある置賜地方3市5町で肥育された黒毛和牛が、一定の基準を満たした場合に呼称される銘柄牛肉。松阪牛・神戸牛と並んで日本三大和牛に数えられる。

米沢名物 牛丼弁当「牛肉どまん中」。駅弁としての「どまんなか」を目指す意味と、山形県で栽培されているコメの銘柄「どまんなか」を使用している意味がこめられている。

主にランドレース・デュリロック・バークシャーなど、3つの純粋種を交配して作り出した豚に、独自の指定配合飼料を与えてじっくり飼育。肉のきめが細かく、心地よい歯ごたえのお肉。

オーストリッチ展示圃。ダチョウを飼育しているところが、気軽に見ることができる。町内にはダチョウ料理が味わえる店が数件ある。皮製品やオイル・乳液・石けん・サラミなど、ダチョウを使った様々な特産品もある。

米沢鯉(よねざわこい)は、山形県米沢市周辺で飼育される食用の鯉である。
米沢鯉は、清流と冬の厳しい寒さが鯉の身を締め、川魚特有の泥臭さがまったくありません。更に、米沢鯉は卵から手塩にかけて育てたもっとも美味しい三才鯉であり、これが天下に名を馳せました。

カドとは、ニシンのことです。雪解け時期に食べられるカドを焼いて食べる慣わしが今日では新庄の春の風物詩になっています。

国内で最も多く生産されている品種。1912年(大正元年)から16年かけ、ナポレオンと黄玉を交配してできた。名前は交配育成した山形県東根市の佐藤栄助に因んで1928年(昭和3年)に命名された。苗の販売業者が渋る佐藤を押し切り「砂糖のように甘い」という意味も込めて名づけた。

「果物の女王」と呼ばれるラ・フランスは、明治36年頃輸入され、当初は見栄えの悪さと栽培に手間がかかるということでほとんど見向きもされていませんでした。
昭和40年代のグルメブームの中で、特有の芳香とまろやかな果肉が西洋なしの最高峰と評され一躍スポットライトを浴びるようになりました。
収穫してから予冷追熟することにより、上品で香り豊かなラ・フランスになります。現在、全国生産量の約70%※を占め、山形の果物の代名詞となっています。

パインサイダー(Pine Cider)は、主に山形県内でつくられている炭酸飲料のサイダーで、地サイダーの一種。

だだちゃ豆(だだちゃまめ)は、枝豆用として栽培されるダイズの系統群である。山形県庄内地方の特産品

1 2 3 4