贈り物を贈る時期

開店・開業祝いのギフトとして品物を贈る場合、オープン1週間前~前日までに贈るのが一般的とされています。
お花や植物を贈る場合は開店・開業の前日までに余裕をもって届くように手配をします。
また、開店直前は何かと忙しいものです。贈り先の相手には贈り物がいつ頃届くかをお知らせしておくのも良いかもしれません。
お祝いを贈るタイミングを逃してしまった場合でも、「祈御発展」として贈ることができます。

贈り物の種類

開店開業祝い

開店・開業祝いに贈り物をする場合、贈る相手の好みや環境に合わせて、
花、観葉植物、酒類、掛け時計などのインテリア用品を贈るのが一般的です。
贈り先の相手が親しい間柄であれば事前に希望を聞き、
欲しいものを準備するのも良いでしょう。

鉢植えの胡蝶蘭は1~3ヶ月咲き続け、花粉も飛び散りません。
花の香りもほとんどないため、病院・医院や飲食店、
事務所への贈り物にも向いています。

一方、灰皿、ライター、アロマキャンドル、暖房器具などの
火にまつわる物は、火事を連想させるためタブーです。
同様に、お花を贈る場合も真紅のお花はあまりふさわしくありません。
胡蝶蘭などのフラワーギフトを贈る場合は、ラッピングを赤以外にするように注意しましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る