まずは基本!育て方のポイント!
状態ラッピングされて届いた状態のものは、3日ぐらいをめどにラッピングを外すようにする。温度胡蝶蘭の栽培において、一番注意しなければならないのが温度です。
特に冬は要注意で、次の花を咲かせには最低温度が12度前後必要となります。
室温が低いところに長く置くと、花が早く萎えたり、つぼみが咲かずに終わることがあるので注意してください。光胡蝶蘭はあまり光を必要としない植物です。
店舗程度の明るさなら、特別に光に気を遣う必要はありません。水やり主に根元に潅水してください。花に水をかけるのは厳禁です。
また、水を溜めたまま長期間放置しておくと、病気等が出て根腐れの原因となりますので、一度に多くの量を与えないで下さい。春潅水は、1週間から10日に1度くらいで大丈夫です。梅雨根元への潅水は、2週間~3週間に一度で十分です。
水のやりすぎは、病気や根ぐされの原因となります。夏・秋根元への潅水は、1週間~10日に一度くらいで大丈夫です。冬根元への潅水は、2週間に一度くらいで十分です。
暖房の効いている時間帯に潅水するようにしてください。.【注意事項】胡蝶蘭の花には触らないようにしてください。
花中央部の雌しべに触れると、短期間の間に花がしおれます。
これは雌しべが刺激されることによって、受粉が終わったと花が勘違いすることから出る現象です。
花が終わったあとは、ワイヤを切り、茎の部分の節の下から数えて4段目くらいで茎を切ってください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る