肥料
冬季は避けてください。

冬期の注意点
水をあげる時は晴天時の午前中に。 できれば「ぬるま湯」をあげて下さい。 (夕方や夜に冷たい水をあげると根が凍傷にかかり根腐れをおこしやすくなります。)
水は乾いてから上げてください。 (2週間-3週間に一度で十分です。) 空気が乾燥してますので苔の表面はすぐ乾きますが、中のほうは湿っています。 苔の表面が乾いたからといって水をあげてしまうと根腐れの原因に。
11月-3月までは、直射日光を当てて植物を丈夫に育てて下さい。特に、朝日には当てた方がいいですね。

肥料について

肥料は3月から9月の間だけで結構です。冬場の寒い時期は避けて下さい。 室温を20度-25度に保っている環境があれば話は別ですが、通常、冬場の家や事務所の中は夜間とても冷えますので下部が弱っています。
そんな時に肥料をあげたらどんどん根腐れをおこして枯れてしまいます。

出典胡蝶蘭の育て方│胡蝶蘭通販専門店「ギフトフラワー」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る