1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

2015年は朝活! 取り入れるだけで劇的に人生が変わる8つの朝習慣

朝活は、脳にも体にも良いことはわかっていても中々実行できず続かない人も多いですよね。今回は来年からすぐに取り組める朝の習慣をまとめました。自分にできることからやってみるだけで、来年からの人生が劇的に変わるかもしれません

更新日: 2014年12月28日

ikuo00ukさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1287 お気に入り 171323 view
お気に入り追加

失敗しやすい朝活…来年こそは成功したい

時間を有効に使え、年収にも左右する朝活の勧め

夜と異なり、誘惑や制限も少ないため、朝は自分だけの時間を有効に使える

夜ともなれば飲みに行こうとか、テレビやDVDを観ようなど、多くの誘惑が生まれますが、朝にはそういったものがありませんから、自分だけの時間を有効に使うことができる

年収600万円以上の層で朝活派は57.7%であるのにたいし、600万円未満の層は39.6%という結果に

毎日続ける自信がない…と言う人は、「週に3回、月・水・金だけ」とまずは曜日を決めると始めやすいかもしれません

■朝必ず決まったことを行うようにすると生産性が高まる

朝起きてから、決まったことを行うようにするとその日の生産性が高まる

運動であろうが、感謝の儀式であろうが、書く練習であろうが、朝の日課をすることで、午後も生産性を高める準備をしつつ、よりリラックスする余裕が生まれる

儀式のように決まったことをすることで、決まったものが無い現実世界に決まった枠組みを作りだせる

朝、決まった枠組みからスタートすれば、悩む必要もなく生産性もあがる

3分以内でできることを3つ連続でやる「目覚めの儀式」を作ったり、「起きてすぐやることリスト」をつくると良い

カーテンを開ける、外の空気を吸う、水を飲むなどでも良いそう

■朝5分だけでも散歩すると、仕事に打ち込みやすくなれる

朝に散歩や運動を行うと脳がすっきりし、午後もバリバリ仕事ができる

朝の空気はとても新鮮で、その空気の中で散歩をしていると、血液の流れがよくなります。最初は眠くても、歩いているうちに頭が冴えるため1日の始まりに最適

5分間の散歩だけでも、張りつめた心を和らげる効果をもたらします。このように定期的に休憩をとれば、頭の中のモヤモヤ感をスッキリさせられる

朝以外にも散歩は定期的にとった方が良い

朝に運動をすると、体にエンジンがかかり、出社後、バリバリ仕事をこなすことができるようになる

■瞑想すると、集中力が増し考えるのが得意になる

瞑想はただ単に朝に気持ちを落ち着かせるだけではなく、仕事への集中力も高まることができます

瞑想することで目の前の事に集中しやすくなるだけでなく、物事を一歩引いたところから見つめ、考えるのがうまくなる

■朝一番にスケジュールをたてれば、その日1日を効率的に過ごせる

朝一番にその日の計画を立てると、1日を効率良く過ごすことができるようになる

自分のポテンシャルを最大限に引き出す方法とは、一日の計画を立て、目標とやるべきことを明確にするというもの。

朝は一日の中で最も静かな時間帯なので、その日の計画を立てるには最適

その日のはじめにスケジュールや目標などを朝のうちに確認しておけば、一日を効率的に過ごすことができる

必要事項を手帳で確認する習慣を身につければ、自己改革の習慣を体が覚えさせることができます。

できるだけ、その日の予定を必ず手帳に書くようにすると効果がでます

■朝一番に嫌な作業を行うと、その後がグッと楽になる

朝に嫌な仕事や重い仕事を済ませておくと、気分も楽になる

1 2





生活の一ミリでも役に立てれば幸いです。
御意見はtwitterまで @ikuo00uk
「Naverまとめで嗜好品代は稼げるのか」http://goo.gl/Is9Vp⇒成功