1. まとめトップ

【重要】中古のスマホを買うときの注意点まとめ【オークション】

中古のスマホを買う際、重要になる点をまとめました。白ロム、アクティベーションロック、判定○これらの単語の意味分かりますか?分からずに中古スマホを買うのは危険です。

更新日: 2014年12月14日

meta731さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 12726 view
お気に入り追加

中古のスマホの需要が高まっている中、個人間で取引が行われるオークションではトラブルが多発しています。

基本的な用語をおさえて、トラブルに巻き込まれないようしましょう!

SIMフリー

当然、白ロムより扱えるSIMカードが多いので、価値は
SIMフリー>白ロムとなる。

白ロム

携帯電話キャリア(docomo、AU、SoftBank、Y!mobile等)のSIMカードを抜いた端末という認識になっている。

白ロムをSIMフリー化するサービスを行っている業者も探せばある。

赤ロム

赤ロムになるとモバイル端末として使用できなくなる。
4G回線が使えなくなるなど、キャリアにより制限が異なる。

利用制限×、判定×が赤ロムに値し、利用制限△、判定△は赤ロムになる可能性を秘めている。

利用制限○ 判定○ 残責なし

3つとも同じ意味。出品者によって書き方が異なる。
端末料金を一括、または分割で払い終えた状態。(支払いの義務が残っていない)
分割料金を踏み倒した際などはネットワークの判定が×となり、そのキャリアでは使用できなくなる。

以下のリンクで確認が可能です。

アクティベーションロック(iOS7以降)

iOS 7以降では「iPhoneを探す」にアクティベーションロックと呼ばれる機能が追加されています。この機能は「iPhoneを探す」の設定を行った際に自動でオン状態となる。自分のデバイスでアクティベーションロックのオン/オフの状態はホームページで確認することができる。

※出品されているにもかかわらず、アクティベーションロックされている端末は本人がiCloudのID、もしくはパスワードを忘れた場合、もしくは盗難された端末である可能性が高いです。

ジャンク

フロントガラスデジタイザ(ガラス、液晶を含むフロント部分)が破損しているもの。
アクティベーションロックがかかっているもの。
などを指します。

フロント液晶破損で相場の2/3程度
アクティベーションロックがかかっているものは1/2程度

※iPhoneを出品している者がアクティベーションロックについて記載していない場合は注意。

モデル

出品テンプレート

以下の情報が記載されいればスムーズに取引できると思います。
(自身の端末の情報に改変してご使用ください。)

端末型番     :iPhone5S(16G、64G)、SOL25、SCL23等
モデル      :ME337J/A
OS        :Android(Ver○)、iOS(Ver○)
キャリア     :Docomo、AU、SoftBank、SIMフリー
製造番号IME/IMEID:
状態       :新品、美品中古、中古
付属品      :有り、無し

1





meta731さん

はぐりん。

このまとめに参加する