出典 matome.naver.jp

スティーブン・ホーキング博士 (Stephen Hawking)

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )はイギリスの理論物理学者である。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えている人物。

この情報が含まれているまとめはこちら

えっ、『人工知能』で人類が滅亡? ホーキング博士がAI開発の危険性を警告

「人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれない」と英理論物理学者のスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士が警告しているようです。

このまとめを見る