1. まとめトップ

【Windows10使用感想】OS頂点に君臨!Windows10 評判とレビューのまとめ

Windows10の最新情報を紹介します。

更新日: 2016年11月16日

64 お気に入り 563403 view
お気に入り追加

「Windows 10」はWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能――発売後1年間

「Windows9」が欠番の理由とは?

2014年9月30日(米国時間)、開発コード名「Threshold」という次世代OSの発表会を米サンフランシスコで行います。「Windows 10」と呼ばれています。

Windows 7、Windows 8とくれば、次はWindows 9の番だけど、全体のアプローチがあまりにも違い過ぎるので、Windows 9と呼ぶのも抵抗がある。

「(失敗作とみられている)Windows 8から距離を置きたかった」「Windows 8.1からの順当なアップグレードではないことを示したい」といったMicrosoftの意思も反映された。

「Metro UI」や「SkyDrive」の商標問題で痛い目を見たMicrosoftがWindows 9でのトラブルの可能性を避ける

Windows 9x系を考慮~Windows 9~"であればWindows 95/98のいずれかである。警告メッセージを出してプログラムを終了する。

一新されたインストール界面

インタフェースの真ん中には円形の進度環を設計、一番上に「Win10プレビュー版をインストール中、ごPCは何度も起動する必要があるので、どうぞお座りください、リラックスする」という言葉を書いてある

生体認証機能「Windows Hello」が搭載

米Microsoftは現地時間2015年3月17日、次期OS「Windows 10」に生体認証技術をベースにしたセキュリティ機能「Windows Hello」を搭載することを明らかにした。顔や虹彩、指紋の識別によってWindows 10搭載デバイスへのログオンを可能にする(画面)。パスワード入力より便利であるだけでなく、より安全だとしている。

Windows Helloは、パスワードの代わりに、指紋や、顔、虹彩といった生体情報を使ってユーザーの認証を行なう。これによって、長いパスワードを多数覚えるといった煩雑さから解放される。

指紋認証については、従来のセンサーが利用可能。顔や虹彩については、写真をユーザー自身と誤認することを防ぐために、赤外線センサーを内蔵する特殊なカメラを利用する。これについては、Intelの「RealSense 3Dカメラ」が対応する。

出典Windows 10、生体認証機能「Windows Hello」を搭載へ

認証は、Windowsへのログオンだけでなく、対応する各種Webサイトやサービスにも活用可能。生体情報はデバイス内部に保存されネットワークには流されないため、パスワードを使うよりもセキュリティを向上できるという。

出典Windows 10、生体認証機能「Windows Hello」を搭載へ

スタートメニューが本格復活!

左下のスタートボタン・スタートメニューが復活です。これがなかったWindows8.0は不評でした。

スタートボタンをクリックすると、2ペインの右側にModern UIのWindowsアプリ画面が表示されました。

[Start Menu]タブを選択して[Use the Start menu insted of Start screen]チェックボックスをオフにしたのちに[Apply]をクリックします。

デスクトップモードとModernモードの融合

Windows 8/8.1は、デスクトップUIとModern UIは分かれており、ユーザーがデスクトップUIからModernアプリを起動したり、Modern UIのスタート画面を表示する時には、画面表示が切り替わる。

ライブタイルは横に広げていくことができる。
ライブタイルの大きさは複数の大きさに変更することができる

出典Enterprise IT Kaleidoscope:企業ユーザーの福音となるか? Windows 10のUI徹底検証 (1/4) - ITmedia エンタープライズ

1 2 3





甘党だがチョコ嫌い(>_<。)



  • 話題の動画をまとめよう