1. まとめトップ
  2. カラダ

心当たりない?コンタクトレンズをしたまま入浴することが危険な理由

コンタクトレンズ装用者が急増したと言われていますが、慣れて来て、ケアを疎かにしたり、装着したまま寝てしまったり、入浴していませんか?恐ろしいことに、身近にある水には、目の角膜を食べてしまう「アカントアメーバ」がいる可能性がありとても怖いものです。今日からコンタクトレンズは外してお風呂に入りましょう。

更新日: 2015年08月21日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
306 お気に入り 560535 view
お気に入り追加

▼現在、総人口の約1割がコンタクトレンズを使用。

1991年に、使い捨てソフトコンタクトレンズが発売されてから、コンタクトレンズ装用者が急増したと言われています。ソフト・ハード・カラーとコンタクトレンズを使用している方は周囲でも多いですよね。

日本国内で1,500万人いるコンタクトレンズ利用者。
メガネのように着用感を感じないので、愛用している方も多い

▼慣れてしまい、そのまま寝たり、ケアを疎かにしてしまうことも。

そのまま寝てしまったり、使用期限、時間を守らなかったり、ケアを疎かにしてしまったりしていませんか?

誤った方法でケアしていたり、ケアをおろそかにしていると、時間とともに蓄積していく汚れが元で装用感に違和感を感じたり、雑菌が繁殖して感染症にかかることがあります。

▼特に気にせず、コンタクトを装着したまま入浴してしまうことも。

石鹸やお湯、水が目に入るだけでなく、レンズが変形したり、張り付いたり、外れたりする危険があります。

装用したまま入浴すると、レンズを紛失する可能性があります。

コンタクトレンズが乾燥してはずれることもあります

反対に、目に張り付く場合もあります。

▼みんなも経験あるみたい!

コンタクトしたまま風呂入るとびっくりするくらい目ぱっさぱさになる

□これ、実はとっても危険!

▼その理由は「アカントアメーバ」がいる可能性があるから。

アカントアメーバは、通常は無害ですが、角膜に少しでも傷があることで侵入して来ます。

アカントアメーバは土の中にも、水の中にも、ごく普通にいる原生生物です。家の中のほこりにも、水道水の中にも存在しています。

▼これがまた怖い存在だった!

今のところ、このアカントアメーバに対する特効薬はないそうです。
感染は非常にゆっくりと進行し、眼の痛みがかなり強いのが特徴で、白眼の充血や目やにや涙も出るそうです。

アカントアメーバは角膜を食べてしまう。初期は充血や痛みを起こし、瞳の混濁、最悪失明してしまう危険性の高い目の病気。

レンズをつけたままの洗顔や入浴の際、水道水に潜んでいたアカントアメーバが目に入り、レンズ装着中についた傷から感染

水道水などを介して侵入し、ケース内で増殖したアカントアメーバがコンタクトレンズを介して角膜に感染を起こします

1 2





lulu0803さん