1. まとめトップ

極東退屈道場#006「ガベコレ  -garbage collection」

極東退屈道場#006「ガベコレ -garbage collection」に関する情報、ご覧頂いたみなさまの感想などをまとめています。

更新日: 2014年12月20日

djtaikutsuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2584 view
お気に入り追加

大阪公演無事終了!!そして、札幌へ・・・!

ガベコレ特設ページ

いただいたご感想(ガベコレor極東退屈道場で検索してヒットしたものです)

むちゃくちゃ面白かったなあ、ガベコレ。単純にスゴイと思える…。

無事に大阪公演を終えた極東退屈道場『ガベコレ』。次は鬼才、林慎一郎を育んだ極寒の季節に北海道・札幌にて上演。密かにリピートが続出した謎の傑作をお見逃しなく! 都市の加速するテンポ、膨大なエネルギーを体感せよ! ジユウダイ!jiyuudai.com/guide/141211.h…

2つ目のおすすめ→都市の加速するテンポ、膨大なエネルギーを体感せよ!極東退屈道場『ガベコレ —garbage collection』 jiyuudai.com/guide/141211.h… 大阪公演の感想も興味深い!「ユーモアとリアル、風刺とファンタジーの同居する不思議な味わい」とか〜

極東退屈道場「ガベコレ」を先日観劇しました。 頭の中で整理できないくらいの情報量。大阪という街に、今自分が生きていることを実感しました。3年前の私なら、今回のように鋭く胸に刺さり、涙が出ることはなかったんじゃないかな。 自分の立つ場所、そこが故郷になるプロセスを見た気がします。

ガベコレおもろかったなぁー。 演出が遊びまくってるわww 舞台はいいね。 レジュメつくって林先生に 提出しよかなww

ぐうのねもでない。 てのは、ちょっとちがうか。 とにかく、一秒一瞬たりとも目を離せなかった。離したくなかった。そんな、ガベコレ。

極東退屈道場『ガベコレ』鑑賞&バラシ終了しました!あっという間に過ぎた2時間でした! 物凄い熱量の俳優さん、そして膨大な情報が詰められた戯曲。まだ頭の整理がついていません笑 とにかくこれはもう一度見たい!何度も見て理解したい!そう思った作品でした。 札幌行きたいな笑

極東退屈道場の「ガベコレ」という舞台を観ました。難しいけど面白い!私の住む街。よく見る景色が。そんなに経ってないのに日々に流されて忘れてた自分が怖いなあと思う。その頃から街に合わない身の丈以上のことしてるなあ、って思ってたことを思い出したり。複雑な舞台は観た方の心も複雑にさせます

極東退屈道場「ガベコレ」千秋楽、観劇。 自分の住んでいる街のことぐらいはいろいろと知っておこうと思った。 歌とダンスが、頭に残る♪♪♪ ありがとう

今日はガベコレのお手伝いに行ってきました。また柴田さんのすんごいおしゃれな美術だったんですけど柴田さんはいつ寝てるんですか?と思いました(感想)

極東退屈劇場『ガベコレ』観劇。この爽快感はなんだろう。林慎一郎師範がこれから描かれる世界を、まだまだ見たい。舞台を見ながらどんどん心が整頓されていき、『私はどこに行っても私だ』と何故か思った。自分の心のゴミが消えた。ガベコレなのに。舞台を通して観客が自分との対話をする作品。

そうかぁ極東退屈道場は明日が千秋楽か。噛んでも噛んでも噛みきれない。シークエンスによって自分自身の関心や価値観によって集中力がまちまちでとらえきれない。傑作のようであり、つまらなくもあり、多面的でわからない。次の作品も観たい。観て考えたい。

お客様、受付で来た子にもリピートが発生した今週の謎の人気作、極東退屈道場『ガベコレ』。フィールドワークをもとに都市計画を演劇で立ち上げる’なんて取っ付き難いけど案外見易く、生活に密接してることに気付いた先にあるものは何?感想トゥギャ再掲matome.naver.jp/odai/214181943…

「ガベコレ」、非常に良かったです。 観終わった後、都市が嫌いになり、犯罪を犯したい気持ちになりました(^-^)/ 危険な、芝居ですね(^-^)/ 都市を語るのに、モノローグは有効な手段だと思います。 電車に乗ってる人を、全員射殺したいですね(^-^)/、そんな気持ちです。

Jangle independent theater 1stにて、極東退屈道場「ガベコレ」観。まるで精巧な建築物を見ているようだ。スペシフィックなフェアリーテイル。でも、おとぎ話じゃないのだった。あす19時まで。

ガベコレ見ました。町作りにひそむ思惑と想定外、そして住めば都というなんだかんだ何があってもそこから離れられない呪縛はすごいよその人から見るとおもしろいよねと、社会学の人間は思う。観劇感想というより自分語りだけど。序盤の土地の背景はぜひ文章でのんびり読みたいなあわくわくするよ

ソラエキとガベコレ。お芝居のテイストはまったく違うけれどどちらも良かった。モチーフも通じるところがあって刺激をたくさん受けました。

ガベコレ観劇。面白かったです。この街は、わたしにとって何だろう。「一生の仮住まい」という人がいて、それかな…と思った。役者さんたちが皆さん素敵だったなぁ。

極東退屈道場 ガベコレ 鳩をとばせに行くんですの歌から鳩が飛び立ち、大阪舞洲からフンデルトヴァッサーからノアからIR立地から危険な都市構想から街と人からマラソンからスニータウィリアムズから街の灯りへ鳩が戻ってくる。思考平面図というより思考演劇図。すごすぎる。本当に見てよかった。

『ガベコレ』を観たあとは、『透視図』で見た大阪の景色や、『トーキョー・スラム・エンジェルス』の近未来予想を思い出しながら帰路についた。

極東退屈道場『ガベコレ』観劇。不思議な芝居だった。個性ありまくりの俳優さんたちが作り出す風景に、これは一体何を見せられているんだとぽかんとしてるうちに二時間終わっていた。仕事も住まいも田舎な私にはどうにも共感しきれないあれこれだったけれど、投票行く前に観てよかったような気がする。

1 2





djtaikutsuさん