1. まとめトップ

画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画の壁紙 デスクトップ用

オランダ出身の画家、印象派のフィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 - 1890年7月29日)絵画のデスクトップ、PC用のwallpaperや壁紙のまとめです。

更新日: 2017年12月27日

14 お気に入り 85898 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本再生さん

ゴッホ

生誕1853年3月30日
オランダ ズンデルト

死没1890年7月29日(満37歳没)
フランス共和国 ヴァル=ドワーズ県、オーヴェル=シュル=オワーズ

フィンセント・ファン・ゴッホ[注釈 1](Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家。

ゴッホが神経発作のためにサン・レミのカトリック精神病院に入院していた際に描かれた晩年期の傑作、星月夜。

後期印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ作『アルルの病院の庭(アルルの療養院の庭)』。本作はゴーギャンとの共同生活の果てに起こした、所謂≪耳切り事件≫後、精神の危機(著しい妄想)によって12月末から翌年の3月末までアルルの市立病院へ2度入院したゴッホが、2度目の退院した後(1889年4月)に同病院の庭を描いた作品である。

後期印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホ、アルル滞在期の代表作『夜のカフェテラス(夜のアルルのカフェテラス、アルルのフォラン広場)』。本作はゴッホが1888年2月から滞在した南仏の町アルルの旧市街の中央にあるフォラン広場(フォルム広場、フォロム広場、フォーラム広場とも呼ばれる)に面する、比較的裕福な階級層向けのカフェテラスの情景を描いた作品である。

1 2 3