1. まとめトップ

僕のヒーローアカデミア キャラクターと個性まとめ

ジャンプで連載中の僕のヒーローアカデミアの個性まとめです。逐一更新していきます

更新日: 2017年05月04日

51 お気に入り 1931225 view
お気に入り追加

ジャンプで連載中の僕のヒーローアカデミアの個性まとめです。
逐一更新していきます。
かなりネタバレ上等なのでお気を付けください。

僕のヒーローアカデミア あらすじ

超常能力"個性"を持って生まれるのが当たり前の世界。個性を悪用する犯罪者敵(ヴィラン)を取り締まる存在・ヒーローは人々のあこがれの存在となっていた。少年緑谷出久も幼い頃からヒーローに憧れ、ヒーローになるために難関高校・雄英進学を目指していたが、先天的"無個性"であり合格は絶望的と周囲からバカにされ続けていた。高校受験を控えたある日、憧れのヒーロー、オールマイトと出会う。

キャラクターと個性

雄英高校1年A組

この漫画の主人公。
小さな頃からヒーローに憧れを持っている正義感の強い少年。
しかし、無個性として生まれた彼は、4歳で現実を知り、絶望してしまう。
そんな中、最強ヒーローであるオールマイトとの出会いから、彼は個性を譲り受け、その個性を使いこなせるようなるため、鍛錬を始める。
現在、個性をギリギリ使えているレベルだが、その力は出久を見下していたかっちゃんをも驚愕させるほどである。

無個性時代の名残から、ビビりだが、ここぞという時の正義感、勇気はヒーローに相応しい器を持っている。

出久はいずくと読むが、デクの棒という意味で、デクという蔑称で呼ばれている。

先代ワンフォーオールの使い手オールマイトから譲り受けた個性。
幾人もの力の結晶であり、瞬間的に凄まじいまでの身体能力を得ることができる。
発動には、スマッシュ!と叫ぶのが引き金となっているようだが、心の中で叫んでも良い様子。
技名はデトロイト、テキサス、ミズーリスマッシュなど、アメリカの州名が元ネタのようである。

現在、その圧倒的な力を使いこなせておらず、発動の度に強化した箇所が骨折している。

性格状、人への攻撃に躊躇うため、対人の際にはセーブできる。
デク的にはレンジに入れた卵をイメージしている。

また、歴代の使い手の思いが込められており、洗脳等に耐性がある。(かと思われたが違った。)

出典wall0.com

拳、脚など今まで一部分のみ強化していたワンフォーオールを、全身強化するワンフォーオールの新しい可能性。

現在、5%の力で全身強化をしても、体に負担はかからない様子。
つまり、20分の1に力を落としたオールマイトとしてなら活動できる。
今後、デクの鍛錬に応じて、よりオールマイトに近づけていけるだろう。

全身がバリバリしてるエフェクトがかっこいい。

主人公 出久の幼馴染で、ライバルポジションのキャラクター。
愛称は、かっちゃん。
性格は上鳴曰く「糞をドブで煮込んだような性格」
非常に攻撃的で自信過剰。出久が個性を発現させた際には、無個性を隠していたことに怒り明らかな敵意を剥き出しにしていた。

非常に傲慢な性格だが、裏打ちされた実力を有しており、身体能力、個性、精神力などあらゆる面でトップの才能を持っており、入学試験では救助ポイント無しで一位になるほど。

しかし、入学後に自分より強い人物と出会い、少しずつ丸くなってきている。

名前の由来は、爆破。豪快。などからだと思われる。

汗腺からニトロのような爆発物質を分泌し、任意で爆破できる。
非常に攻撃力の高い能力で、噴射するように使うことで機動力も上げられる。
汗腺と連動しているため、夏場は更に強くなるなど、弱点も特にないため、数ある個性の中でもかなり強力な部類。
特注のコスチュームにより、爆破を放出させ遠距離攻撃にも対応できるようになった。

上に向けて爆風を放ち、約3t分の岩弾を全て消し飛ばす等異常な攻撃力を見せる。

作中におけるメインヒロイン。
性格は明るく元気な女の子。本音をすぐ言ってしまうためやや毒舌な時もあるが、基本的に良い子。
入学試験では、自分を助けてくれた出久のため、教師陣に直談判し、自分のポイントを分けようとしていた。
ヒーローを目指す理由は、お金を稼いで両親に楽をさせるため。

名前の由来は麗日お茶子→ウラビティー→裏グラビティ→無重力。だと思われる。
作者も非常に気に入ってる名前で、この名前を考えた際に、自分は天才だと思ったと一巻のおまけに載っている。実際、口に出したくなるような名前である。

指先に肉球がついており、5つ全ての肉球で対象に触れることで、対象を無重力にできる。うららか。
許容量はだいたい3tくらい。それ以上は酔ってしまい吐く。お茶子
自分の無重力化は勝手が違うためにすぐ吐いてしまう。うららかじゃないよ麗日。
入学試験では、敵ロボを数体浮かせて無力化していた。浮かせられる数に制限があるかは不明。うららかお茶子。

岩を無重力にして、浮かせた後に解除すれば流星群の様に攻撃できる。うららか。

非常に真面目な性格で、やや堅物な面がある。
間違っていることに対し、誰に対しても堂々と正論を述べるため、爆豪とは相性が悪い。
入学試験ではデクの態度に苛立ち、注意喚起を行い、見下していたが、お邪魔ロボを一撃で粉砕したパワー。そして危険を顧みず、お茶子を救うため飛び出した勇気に敬意を払い、以後は対等に接している。
兄がプロヒーローのため憧れ、雄英高校を志望した。

その真面目すぎる性格は敵(ヴィラン)役を演じた際に、完全に敵を演じており、高い評価が下されている。
現在、学級委員長も務めており、クラスメイトからも信頼されている。

名前の由来は、韋駄天。

足に加速装置のようなものがついており、脚力に優れている。
ギアが1速からスタートするため、初速からだんだん加速していく。
お茶子の無重力と組み合わせ、空中をすっ飛んで行ったこともある。

また、入学試験では、持ち前の機動力と敵ロボを粉砕するキックが目立っていた。

裏ワザとして、最大までトルクを上げ、初速から最大速度でダッシュすることもできる「レシプロバースト」という技がある。
本人曰く、誤った使い方。
ただし、エンストするため、連発できず、ここぞという場面でしか使えない。

ぶどう頭と読者からは呼ばれる変わった髪型をしているが個性の一部でもある。
性格は、びびりでスケベでへたれ。
敵襲撃時も、泣きわめいていたが、1か月前まで中学生だったんだぞというセリフからしても、ある意味当然の反応であり、一番読者目線のキャラクター。
女体好きで、セクハラをして、梅雨ちゃんにのされている描写が何度か見られる。

身体能力は基本的に低く、デクに次いでクラスワースト2番目の身体能力である。

名前の由来は巨峰、実だと思われる。

出典ameblo.jp

超くっつく。

頭から、ぶどうの実のような球をもぎとりくっつける。
もいだ球は、もいだそばから再生するが、許容量を超えると血が出る。
自分にはくっつかず、あらゆる物質を接着できるため、拘束技として便利だが、地味な個性。
自分でも気にしている。

ただし、個性自体は非常に強力なものなので、使い方次第だろう。

入学試験を、突破した際には、敵ロボを動けなくしたとのこと。

雄英高校1年A組のクラスメイト。
カエル顔の女の子で、ケロと鳴くこともある。
蛙吹さんと呼ばれるより、梅雨ちゃんと呼ばれるほうが好き。
周りのボケにも冷静につっこむタイプ。

他人の事は、○○ちゃんと呼ぶ。
名前の由来は文字通り蛙にちなんだ名前。

蛙っぽいことは何でもできる。さすが!

動物型の個性だけあり、身体能力は高い。
舌伸ばし、毒液、胃を吐き出して洗う、遊泳など蛙にできることが可能。
舌は、50Kg以上はあるであろう男子生徒を軽々と運んでいることから相当のパワーがある

生徒の中でも最強の戦闘能力を持ち、かっちゃんですら一目置くほど。
口数は少ないが、無口キャラというわけではない。
また自分の力をひけらかすようなこともしないが、敵相手には容赦しない。

細身だが、何気に身体能力も高く、判断能力も高いなど既にプロ並みの戦力。

No.2ヒーロー「フレイムヒーロー エンデヴァー」の息子。
父親との仲は良くなく、熱の能力は戦闘では使用しないという誓約を掲げており、氷のみで最強ヒーローになることで父親を見返すことを目的としている。
また、コスチュームも左の赤髪と火傷顔を隠すデザインになっている。

名前の由来は、焦熱と冷凍と思われる。

氷結能力と焦熱能力の2つを持っており、どちらも非常に規模の大きい個性。
精密な調節も可能で、戦闘能力的にかなり頼りになる。

氷のほうは、使いすぎると体が冷えてしまうため、左の炎で体温調節している。

ゲームのMPのような使用限度が設定されており、使いすぎると体に霜がついたりして、威力が下がる。

生徒の中では、桁外れの戦力を持っており、
ヒーロー事務所の多くが相棒に雇いたいと思っている。

炎熱能力は戦闘に使用しないが、それでも強い。
この時点では、氷しか使わない以上、未完成な個性と言える。

憎き父親エンデヴァーの呪縛を振り切り、焦熱能力の使用を決意した轟焦凍本来の個性。
左の焦熱、右の氷結で、あらゆる状況に対応できる。

攻撃範囲、攻撃速度、威力の高さ。全てが学生の域を逸脱している。

エンデヴァー曰く、「俺の完全上位互換」とのこと。

雄英高校の1年A組のクラスメイト。
真面目な性格で、副学級委員を担当している。
スタイルがかなり良く、発育の暴力と呼ばれている。

超強力な個性ゆえに推薦入学できるほどだが、発動までに思考が必要な能力なため、近接でのタイマンは苦手な様子。

体力測定は、クラス最強の轟と、入試最高のかっちゃん以上。この個性でどうやってだしたのか不明。
名前の由来は、八百万(やおよろず)の神だろうか。

体から、生物以外なら何でも作り出すことができる。
単純な剣や槍だけでなく、絶縁シートなど、構造を把握しているものであれば複雑な物質も創造できる。
彼女の豊富な知識あっての個性と言える。

超強力な個性で、汎用性も高いが、選択肢が多すぎるため、決断力が早くないと活かせないのが欠点

1年A組クラスメイト。
猿のような尻尾が生えた少年。
武道の心得があり、個性なしでもかなり強い様子。
葉隠さんが裸になることに心配しており
クラスの中でも常識人。

体育祭3回戦のトーナメントに出場する権利が与えられるが、心操に洗脳されており、意識がなかったため、自分の実力で上がれたわけではないと自ら辞退するなど、男らしい性格。

●個性:尻尾
尻尾で敵ロボを粉砕しており、かなりパワーがあるようだ。

1年A組クラスメイト。
透明人間のため、現在容姿は完全に不明。
女子ということはわかっている。
本気モードは服を脱ぐが、女子として色々やばい。

名前の由来は、透明人間。隠れる。などから

●個性:名称不明(透明化)
おそらく常時発動型の透明化。
普段は、制服だけ映っていたりとちょっと不気味。

スポーツテストや入試をどう切り抜けたのかは不明だが
対人戦では無敵に近い個性。

1年A組クラスメイト。
岩のような姿の異形型の少年。
現在、喋る出番も活躍もないため、クラス一目立たないキャラ。

手話で会話を行う。
今後の活躍に期待。

●個性:名称不明
動物と会話ができ命令することができる。

1 2 3 4





ラヴァルダさん

ゲーム、漫画が大好きな野郎です。
宜しくお願いします。