1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

chiiitamさん

お尻の筋肉って意外と大事な部分。

ストレッチといえば「開脚」や「前屈」などが基本ですが
意外と忘れがちなのが「お尻」

特に女性は高いヒールの靴を履くことで
お尻の筋肉が緊張している人が多いです。

お尻のまわりの筋肉は、足を振りだしたり、体を支えてバランスをとり、よい姿勢を保つ上で大切な筋肉なので、しっかりと伸ばしていくことが大切です。

デスクワークの方などは長時間同じ姿勢でいるため、
お尻や腰に負担がかかってしまいます。

お尻の筋肉、梨状筋をストレッチすることで、腰痛予防・改善に!

しかもお尻の外側ではなく、内部の筋肉。
いわゆるインナーマッスルってやつです。

腰痛体操ストレッチは、痛みが出てから行うのではなく
日ごろのケアとして入浴後などの習慣にすると効果的です。

梨状筋は腰椎の下にある仙骨(お尻の大きい骨)と繋がっているため、梨状筋が縮むと腰痛が起こります。なので慢性的に腰痛を持っている方も梨状筋をストレッチすることがオススメです。

ストレッチその①

1.足を股関節くらいの高さの台の上に載せる
2.上体を起こして、前に倒す

やってみるとすごーくお尻の筋肉が伸びる感覚があります。

ストレッチその②

体が硬くて、その①ができない、、って方もいると思います。
無理せず、こちらの方法を試してみてください。

ボールを使います。
軟式ボールやテニスボールがいいですね。

1.床に座る
2.こっている側のお尻と床の間にボールをはさむ
3.こっている位置を探し、体を動かしてボールを転がす(30秒)

痛くすぐったい感じがしますが、それは筋肉がこってる証拠です。
伸びてくるとだんだん痛みも消えてきますよ!

ストレッチその③

両手をお尻の後ろにつきます。片方の足のヒザを立て、もう片方のヒザを曲げて、ももの上にのせます。

乗せている方の足首はフレックス(足首90度に曲げておく)にしておきます。
乗せている足の股関節は外側に開くように意識します。

腰が丸まる(猫背)になる場合は、お尻の下に高さを出すことをオススメします。ブランケットやブロックを置いてその上に座ってみましょう。背筋が伸びやすくなるはずです。

股関節が外側に開きにくいな!と感じたら、息を吐きながら手でヒザあたりを押してみると外側に開きやすくなります。手と呼吸でサポートしながらおこなってみましょう!!※反対の足も同様に行います。

最後に

1