1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ch_lat__さん

接客のオムニチャネル化

オムニチャネル戦略に積極的に取り組む企業として知られているパルコ。同社は「24時間パルコ」というコンセプトを掲げ、様々な施策に取り組んでいる。

PARCO SHOW WINDOW

パルコの各店舗のWebサイトには各ショップのECサイトへの窓があり、たとえばブログで紹介しているコーディネート商品が紹介されている。その商品をタッチすると、それぞれのECサイトに飛ぶ。

パルコのWebサイトという導線から各ECサイトに送客して、そこで購入が成立した段階で、フィーを発生させていただくという契約

アフィリエイトの仕組みを利用し、各ECサイトへの送客を実現させた

PARCO Digital Information Wall「P-WALL」

従来の店頭ショーウィンドウではスペースの制約により展示が不可能であった、複数ショップの1,000種類にも及ぶ商品との接点を設け、お客様の実店舗での新しいショッピングの楽しさを提供

ちょこっと予約

「ちょこっと予約」は、スマホアプリ「tab」を使って簡単に商品の取り置きをすることができるサービス

商品を確認し、そのまま購入する場合は、アプリ内の「受け取り」ボタンをタップするだけで決済が完了

東京オリンピック開催の2020年に向け、今後加速するとみられるスマートペイメントの流れも先取っている。

カエルパルコ

カエルパルコの仕組みは、売上が実店舗に計上される点に大きな価値がある

カエルパルコの売上=店舗(販売員)の売上
縄張り意識にとわられることなく、販売機会を逃さず商品を販売することができる。

ポイントは商品が店舗の在庫から出ることで、リアル店舗の売上アップにつながる点です。これによって、ブログを更新するスタッフのモチベーションも上がり、いい循環が生まれています

自身が書いた記事の売り上げが数値化され、各ショップでの人事考課に使うことも可能

「WEAR」で紹介したコーディネート商品の情報をタップすると、「カエルパルコ」に移動、商品取り置きやECで注文することも可能

パルコのスマートフォンアプリ「POCKET PARCO」とも連携。商品在庫の確認、購入ができる。

POCKET PARCO

1 2