「山羊(ヤギ)の舌で拷問なんて出来る分けない」と思うかもしれない。
しかし、中世ヨーロッパのドイツでは、罪人にヤギの舌で拷問をおこなっていたという。

これは、塩分を求めるヤギの習性を利用したものだ。

罪人は、足を固定する拷問用の椅子に座らされ、足の裏を出す。

そして、足の裏にたっぷりと塩水を塗られる。

そこへヤギを放ち、罪人の足の裏を舐め始めるといった流れだ。

出典山羊責め | 裏社会の都市伝説

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

拷問方法【山羊責め】とは

「山羊(ヤギ)の舌で拷問なんて出来る分けない」と思うかもしれない。しかし、中世ヨーロッパのドイツでは、罪人にヤギの舌で拷問をおこなっていたという。

このまとめを見る