1. まとめトップ

【猫島】猫ファン必見☆日本全国に存在する猫島情報まとめ

全国の猫好きさん達にたまらない、日本の各地に散らばる猫がうじゃうじゃ生息する、通称猫島の情報紹介まとめです。

更新日: 2018年11月29日

141 お気に入り 1232226 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネコが好き過ぎて止まらない筆者の、猫好きさんの天国とも言える島の数々のご紹介。

moepapaさん

猫島(ねこしま)とは

猫島とは、どこか特定の島を指す言葉ではなく、島全体に猫が多く、それも人口に匹敵する、もしくは超えるほどの猫の割合が多い島を、猫好きの人達が指して、猫島と呼んでいます。多くは島で猫が大漁の象徴だったりして大切にされた結果たくさんの猫さんになったと言われます。

そんな、日本各地にかなりの数が点在する、近年猫の楽園となっている有名な離島の数々である、猫島をこちらのまとめでは特徴つきでご紹介していきます。
特徴や、所在、行き方なども。

兵庫県 沼島(ぬしま)

沼島(ぬしま)は、淡路島の南4.6km、紀伊水道北西部に浮かぶ島。兵庫県南あわじ市に属する。面積2.71km2、周囲9.53km、 最高地点は117.2m。瀬戸内海国立公園の一部。人口473人(2017年4月末現在)。
勾玉形の島で、北西側の真ん中に漁業中心の集落と沼島漁港があり、対岸の南あわじ市灘土生の土生(はぶ)港とは、沼島汽船の定期船「しまかぜ」「しまちどり」で結ばれている。

島にはかわいい猫さんたちが。
猫島というには最近はやや猫さんが少ないそうです。
漁の盛んな島ではネズミを狩ってくれると猫が大切にされる傾向があり、この島でも猫さんがのびのび暮らしているようです。

香川県 直島(なおしま)

瀬戸内海(東備讃瀬戸)の備讃諸島に属する島嶼群で、香川県香川郡直島町の区域に属する。
同県高松市の北約13km、岡山県玉野市の南約2kmに位置する。
面積8.13㎢ 人口3600人。
現代アートの島であると同時にネコの多い猫島としても知られています。

島には多くの野良猫、飼い猫が。そしてなんと、猫島には珍しい猫カフェもあったりします。

山口県 平郡島(へいぐんとう)

平郡島(へいぐんとう)は、山口県柳井市の南約20kmの伊予灘に浮かぶ東西に細長い島。人口591人。
集落は東と西に分かれて存在し、船はそれぞれの港へ寄航する。公道は北側のみで二つの集落を繋いでいる。南面は細い農道。中央部は標高450~470mからなる深山でキジなどが生息する野性的な森林になっている。

とにかく猫さんが多く、食事時はまるで戦争ですw
他の猫島と比べても、相当に猫さんの数が多く、島が大きいのもあって、猫さん数がとてつもないです。
島中いたるところに猫だまりができるほどで、たくさんの猫さんが暮らしています。
なぜか、白黒の牛柄模様の猫さんが多いです。ほとんどが血縁でしょうけど。

山口県 笠戸島(かさどじま)

笠戸島は下松市の南海上に位置し、北側の大島半島とともに笠戸湾を形づくっています。入り江が多く、古くから多くの船が出入りする重要な地として知られ、平清盛が厳島神社を宮島に置くかこの笠戸島に置くか悩んだという話も残されています。

本土とは笠戸大橋(ランガートラス橋・1970年(昭和45年)完成)でつながっている。

島の面積は11.77 km²と猫島の中では圧倒的にでかいですが、いくつかの猫スポットに集中的に猫さんがいる感じです。いる場所には10匹以上の猫さんたちが常時いて猫だまりを作っています。

香川県 伊吹島(いぶきじま)

香川県にある、瀬戸内海に浮かぶ、いりこで有名な小さな離島です。
いりこと猫の二本柱の島です(あと釣り、漁業も)。

有名な島の招き猫として、メディアにもよく登場する猫さんです。

1 2 3 4 5