1. まとめトップ

行き着いたのは超スパルタの英語スクール「プレゼンス」

外資系企業に転職したことをきっかけに様々な英語の勉強方法を試しました。そして最も効果があると実感できたのがこの「プレゼンス」です。英語が公用語になる企業が増え、2020年の東京オリンピックに向けて益々日本の国際化が進む中、英語を学びたいと思っている人にオススメします。

更新日: 2016年01月19日

49 お気に入り 165087 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

umemabushiさん

プレゼンスとは?

短期集中でTOEIC・TOEFL対策、英会話、中国語の指導を行う渋谷(表参道)・大阪(梅田)のコーチングスクール

創業者は「アツイコトバ」で有名な杉村太郎

プレゼンスは、創業者である杉村太郎のアメリカでの学習経験をベースに、日米における各スクール・教育機関のメソッドを取り入れながら、このようなスクールがあればいいのにと思ったものを具現化したスクールです。

英語を教えるのではなく、英語の勉強方法を教えるコーチング形式

プレセンスは英語を教えてくれる学校ではありません。目標達成に向け、効率的な勉強の仕方をコーチングしてくれますが、そこから先どうするかは本人次第。

ここは授業での2.5時間で英語を学ぶのではなくて、やり方を学ぶ

半端じゃない量の宿題が毎週出されます

宿題の量:半端ではありません
(リスニング・文法・単語・リーディングの4分野がまんべんなくあります。
 実はどうしても終わらないので、1日だけ会社を休んだことがありましたが・・・)

プレゼンスで毎週お出しする課題は、1週間で、通勤時間も含めて20時間程度の学習で行っていただける量です。

英語を本気で勉強しようと思った人が通うみたいです

えー、本日より英語の勉強に本腰を入れるため、『プレゼンス』に通うことになりました!驚くほどスコアが上がったら報告しますー!!(と、自分を追い込む)presence.jp/toeic/results.…

ダイエットならライザップ、英語学習ならプレゼンスのような、 ・講師がドS ・教育というよりはプロセスのマイクロマネジ ・初期投資が大きく止めづらい心理 ・努力量とアウトプットが正比例 っていうモデルは他の分野にも横展開出来ると思うし、そこそこ儲かりそう。

英語学習プレゼンス。評判良いみたい。お値段もなかなか。 presence.jp 行こうかな。

8週間乗り切れれば絶大な効果が!

TOEIC講座は点数によってコースに分かれています。
600点、700点、900点のコースがありますが、どれも点数アップを望めます。
点数が低い方から順に、平均170点、150点、100点アップさせることができています。

ビジネスで成功している人が多く通っている

楽天株式会社 取締役常務執行役員。
受講コース: TOEIC750点コース、900点コース、英会話上級入門コース
(肩書き・役職等はインタビュー当時のものです 2012年3月取材)

プレジデント9.12号のインタビューで話題に上げた、TOEICのスコアをとるという「成果に直結する学習法」を学べたのは表参道にあるプレゼンスという英会話スクールです。こちらのおかげで825点を取れました。 presence.jp

サイバーエージェント人事本部長

関連まとめ

1