1. まとめトップ

資生堂がSNS積極活用!まとめページ「キレイロ」が秀逸!

資生堂SNSまとめページ「キレイロ」。化粧品情報や美容のHOW TO、おすすめカフェなど、女子ネタ満載のページ。各SNS投稿を自社Webサイトにストックさせるシステムを導入し、一つの大きなコンテンツページを創り上げた。新しいコンテンツマーケティングとしても注目される点をまとめました♥

更新日: 2015年02月21日

8 お気に入り 6361 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lifedesignerさん

新たなウェブサイトの形!資生堂SNSまとめたページ「キレイロ」って?

資生堂が展開する42のSNSアカウントから投稿された記事を、自社のWebサイトページに集約させたまとめページ

記事は、「ビューティー」や「グルメ&レシピ」「ライフスタイル」など19のカテゴリに分類され、顧客が求める情報を探し易く工夫されている

“美”をサポートする商品・美容情報をはじめ、メーキャップやヘアアレンジなどの具体的なHOW TO、ファッションや女子ネタまで、さまざまな情報がまとめられています♡

ジャンル別でとってもわかりやすいデザイン♡

これまでのソーシャルメディアは「フロー型」

一般的にソーシャルメディアは「フロー型」のメディアで、情報は時間の経過とともに流れて無くなっていきます。
一方Webサイトは「ストック型」のメディアで、記事を貯めておく機能を持ち、検索性が高いのが特徴。

SNSの記事がWebサイトでも閲覧可能に!?

ソーシャルメディアをフロー型からストック型へ。検索サイトからも閲覧可能に。新しいソーシャルメディアの形を実現

SHISEIDO キレイロをリリースした背景には、テレビや新聞・雑誌、ブログのほか、キュレーションメディアやまとめサイトに対する需要が高まっていることが挙げられる。

グノシーのユーザー数・・・298万人
Smart Newsのユーザー数・・・385万人

http://news.mynavi.jp/news/2014/11/27/134/

資生堂は新しい情報発信が優先となり、ユーザーが過去の投稿記事を閲覧することが難しくなっているという課題を抱えていた。「キレイロ」を構築することより、SNS上だけでなく検索サイト経由からの流入を見込め、これまでリーチできていなかったユーザーへの情報提供も期待できる。

SNSの投稿がHTML化されるため、ヤフーやグーグルなどの検索サイトからランディングが期待できる。

要するに・・・

■.キュレーションメディアやまとめサイトの需要が高まってきた

■.投稿記事をHTML化するシステムを構築した

■.SNSの投稿を自社Webサイト側にストックすることが可能

■.検索サイトからもランディングできるので、リーチできなかったユーザへリーチが可能

メーカーのまとめサイト、いいね☆ キレイロ|資生堂グループ企業情報サイト / snsmatome.shiseidogroup.jp/?fk=g20141210

びっくり!♡/資生堂、自社SNSの投稿記事まとめサイト「SHISEIDO キレイロ」リリース:MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

1 2