1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

theliveさん

最近、街でよく見かける「Supreme」ってどんなブランド?

SUPREME創立者ジェームスは89年、NYで”Union”というセレクトショップを出す。 ある日お店にショーンステューシーが遊びに来るようになり、二人でNYにStussyのショップを開くことに、後にNYにストリートウェアを持ち込むことに成功した。ジェームスは巷に増え始めたスケートショップのやり方に疑問を抱くようになる。 スケートシーンはとても外部から独立しているし、排他的なところが魅力的だと思っていた彼は、スケーターだけのための真のスケートショップをと考るようになる。 ラフすぎず綺麗すぎす、その中間に位置するようなものを、そうして生まれたのがSupreme。

stussyは西

supremeは東、といったイメージだ。

さらには海外でもすごい反応なのは間違いなさそう。

様々なデザインがほどこされたストリート感あふれる服

街でよく見かけるSupremeのキャップはもはやおしゃれの人には必須かも?

見るものをはっとさせるような鮮やかなデザイン!

それだけでないのがSupremeの良さ!

東といえば、ニューヨーク。
その都会的なスタイルを反映させた綺麗なシャツも。

とはいえ、なぜ前からあったSupremeが流行っているのか?

それは昨今から目につくようになってきた「ストリートトラッド」のスタイルからであろう。

例えば、ブレザーやテーラードジャケットにベースボールキャップであったり。
スマートなスーツに、大ぶりなアクセサリーを身にまとったり。
今まで、スオリートといえば、綺麗なイメージがなかったが、ここ最近では綺麗なスタイルにストリートスタイルを取り入れるのがおしゃれだとされている。

特によく見られるようになったのはコートにベースボールキャップというスタイル。

綺麗な見た目の中に「男らしさ」が表現されるスタイル

その中でも特に知名度、デザインともに人気が高いのがSupremeだ

色んな芸能人も着用している。

木村拓哉

1 2 3