1. まとめトップ

夢のマイホーム欲しいなら競売物件を考えてみてはいかが?!

競売物件で夢のマイホーム?!中古住宅やマンションを安く手に入れる為に競売物件を考えてみてはいかがでしょう。

更新日: 2015年01月07日

7 お気に入り 15367 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rm_neverさん

でも 今の給料じゃ 難しい・・・。
賃貸のアパートが関の山・・。
諦めないで!!
お得に中古物件を手に入れる方法があるんです。
それば 競売物件なんですよ。

競売物件の魅力は、なんといっても 低価格!!

競売物件の魅力は何といってもこの一言に尽きます。希望予算では手に入らない地域や環境の土地、建物を手に入れることが可能です。「最低売却価格」は評価人が決めますが、だいたい一般市場価格の3割程度低く設定されていて、最低売却価格が1000万円以下の物件もめずらしくありません。

市場価格の7~6割程度の価格で購入できる可能性が高い!!
さらに 入札が入らなければ もっと割安になる物件もあるんです。
だから 競売物件を知る事で 夢のマイホームを手に入れる事が現実的になるんですね。

しかし 競売物件には落とし穴・・デメリットがあります。

競売物件には、落とし穴が存在する?!

通常の市場価格よりも安く不動産物件を調達できるなど、多くのメリットが有る反面、注意すべきリスクもいくつか存在します。

通常の不動産売買ですと、例えば、水漏れがあったりすれば、売主に責任を追及できますが、不動産競売で手に入れた物件に関しては、売主である裁判所に責任を追及することはできません。
 また、同じように、不動産競売で手に入れた物件に、破損箇所があったからといって、補修費の請求や契約取り消し等を訴えることは認められません。

家庭裁判所へ足を運んで、何度も現地へ赴き、あらゆる手間隙と交通費、有給休暇までかけて入札手続を行っても、必ず落札できるとは限りません。それどころか、落札できる可能性の方が随分と低いのです。落札できるのは1人だけなのです。人気があればあるほど落札できる可能性は低いのです。

落札して所有権を得ても、先住者が立ち退いてくれないことが有ります。
もちろん物件を落札して購入した者に権利が有りますので、先住者は不法に占有していることになります。
その場合には個人で立ち退き・明け渡しの法的手続きをとり、自分で占有者を排除するという面倒な対処をしなければなりません。

だから 競売物件は魅力がありますが、簡単には手を出せない。

多くの人が 難しそうだし、大変そうだと思うから 市場価格より安いんです。
何も考えないで 安いという魅力だけに目を奪われてしますと 大きな落とし穴に落ちてしまうかも?
しかし きちんと学んで準備をして対処すれば 市場価格より安く夢のマイホームを手に入れる事ができます。
全てのデメリットを解消するのは難しいですが、競売物件を購入する為に勉強して対処方法を考えて競売物件にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

失敗しない為に 競売物件を購入する為の準備!!

どの物件がいいのかを探し出す必要があります。

競売物件情報はどうやって入手する?
所在地や価格、物件の広さなどおおまかな情報は新聞や情報誌、インターネットなどで見ることができる。自分が希望する場所を管轄する裁判所の競売物件情報をこまめにチェックしよう。

希望の物件が見つかったら管轄の地方裁判所の閲覧室にある「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」(3点セット)で所在地、図面、写真などを確認します。
希望の物件の現地調査を行いましょう。

きちんと 現地に行って 入居者がいるのか? どんな状況で修繕などが必要なのか?
できるだけ 多くの情報を収集して 物件を選ぶ事が大切です。

そして、必要な費用を考えておく必要があります。

競売物件の購入に当たっては以下のお金が最低限必要になります。
入札する際には、準備をしておきましょう。
入札申込みのための保証金
購入代金の残金

そして 登記の費用や取得税などもかかりますので、調べて用意しておく必要があります。

他にも 修繕が必要な不動産であれば修繕費用がかかりますし、占有者がいて占有者が引渡しに応じない場合、手続の費用なども発生します。

希望する物件が見つかり お金の用意ができたら競売物件の入札です。

入札するには、希望する物件の売却基準価額の10分の2以上の保証金が必要だ。
売却基準価額が2000万円の物件なら400万円と、かなりの高額になる。落札できなかった際には、この保証金は全額返ってくるが、最も高い金額を付けた人が最終的に残金を支払わないような場合は没収される。

入札期間内に、保証金(最低売却価額の20%)を支払い、入札書、入札保証金振込証明書に必要事項を記入し、封筒に入れて裁判所に提出します(執行官に直接提出する方法と郵送する方法があります)。入札期間は1週間です。

入札によって 競売物件を購入する事になれば 後は手続を進めていきます。
競売の流れは 下記のサイトで簡単に説明されていますので 参考にしてください。

入札後 スムーズに事が進めば 2ヶ月~3ヶ月程度で取得した不動産の引渡しが完了致します。

競売物件の事を学べるサイトでもっと詳しく学んでみては?

1 2