1. まとめトップ
  2. 雑学

【これが出来たらノーベル賞】いまだ未解明の事例まとめ

まだ解明されてないの?それは無理だろう…と思うものまで、世の中には未だに解明されていない謎がたくさんあります。その中でも、解明されればノーベル賞もの!と言われている事をまとめました。

更新日: 2015年02月06日

mametaro82さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1114 お気に入り 609770 view
お気に入り追加

▽風邪の治療薬

風邪となる病原は非常に多く、またライノウイルスを例に挙げると、数百種類の型が存在するためワクチンを作ることは事実上不可能であり、どのウイルスまたは細菌が原因なのか診断するのも困難である、これが「風邪の特効薬を発見するとノーベル賞がもらえる」と言われる所以である

▽水虫の治療薬

水虫菌というカビを殺す薬剤は、もう既に十分すぎる効力を持つ物質がいくつも開発されています。それでも水虫は、治りません。

人間の細胞を残したまま水虫菌を殺すことが現代の科学力では難しいとされているからです。
市販されている薬品を長期間使用して完治させるしか治療法がない

▽ガンの特効薬

ガンの特効薬を開発できればノーベル賞は確実。日本では死因第一位のガン、その治療ができれば世界が変わります。

▽薄毛の特効薬

実際ハゲに効くという薬は星の数ほど有るようですが、劇的に毛が生えてきたっつう話はとんと耳にしませんよね。

毛周期の制御メカニズムはまだ解明されていない点が多く、さらなる遺伝子レベルでの解析や、これまでとは違うアプローチでの研究が待たれる。

▽宇宙の始まり

宇宙は誕生初期に急膨張したとする「インフレーション理論」を観測で裏付ける研究が注目されている。太古の時空のゆがみを伝える「原始重力波」をとらえれば証拠となり、ノーベル賞級の大発見。

▽ダークマターの解明

ダークマターとも呼ばれる暗黒物質は138億年前の宇宙誕生時から存在する重い物質で、今も宇宙を満たしている。だが光を出さず、地球も通り抜けてしまうため観測が極めて困難で、その正体は分かっていない。

▽タイムマシンの発明

「物質が光速を超えると、時間に逆行できるんですよ。相対性理論ではそうなる」

 相対性理論は「光速度不変」を基礎としている。光の速度は、止まっている人から見ても動いている人から見ても同じというものだ。これを絶対的とすると、時間と空間が相対的になる。すると、ある移動するものが光速に近づくほど時間の進み具合が遅れるということが起こる。やがて物質が光速と同じになると時間は止まり、もし光速を超えると時間は逆戻りする。

▽意識の謎の解明

私たち人間は自然の美しさや生きている実感のすばらしさを
「意識」し、問題に立ち向かうときに考えをまとめ
決断する充実感を「意識」する。
この自分の中心にあるように思える生き生きとした
「意識」が脳の中でどのように作り出されるのかという点は
今も謎だと言われている。

「心」の解明は,「宇宙」の解明と並んで人類最大の関心事かも知れません。

▽放射能除去装置

1 2





mametaro82さん

毎日気になったこと、好きなこと、猫のこと、へーなことまとめ。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう