1. まとめトップ
  2. 雑学

捨てる前に!書けなくなった油性ペン・水性ペン・ボールペンを復活させる方法

いざ必要という時に限って、ペンのインクが出ず困ってしまうことはありませんか?そんな時に役立つペンを復活させる方法をまとめました。油性ペン、水性ペン、ボールペンそれぞれ簡単に復活させることができるんです!ダメもとで一度試してみてはいかがでしょうか?

更新日: 2014年12月12日

mofmof5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
184 お気に入り 202878 view
お気に入り追加

書きたいという時に油性ペンが乾いて書けないってことありませんか?
実は、簡単に復活させることができるんです!

●油性ペンを復活

※除光液がこぼれる場合がありますのでご注意ください。
※キャップではなく、他の容器でもできます。

除光液をマジックの芯から吸い取らせます。

たったこれだけで、書けなくなった油性ペンが書けるようになります。

また、この裏技は、何色の油性ペンでも使えます。

一瞬復活するだけでなく1か月以上使える!

下記の動画で実験されています

他の方法

油性のサインペンはペン先に酢をつけるとしばらく復活してくれることが多い

油性マジックが復活するワケ

キャップを閉めなかった場合、溶剤だけが揮発して、ペン先が乾き、書けなくなってしまうのです。

そこで除光液にペン先を浸すことによって、
除光液が油性マジックの中に浸透し、溶剤の役割を果たします。

●水性ペンを復活させる3つの方法

ぬるま湯にペン先をつけると、最初のうちは色が薄いんですけど、そのうち通常の濃さに戻ってきます。

水性ペンの先を墨汁に2日間浸ける。

原稿用紙10枚分も書けるようになっていました。おまけに何日かたってもOK

油性マジックと同じやり方で、除光液ではなく「消毒用エタノール・無水アルコール」に10分つける

●ボールペンを復活させる5つの方法

ティッシュを四つ折りにして、その上をゆっくり10秒間書く(復活率60パーセント)
固まったインクがティッシュのざらざらな紙の摩擦で取れるらしいです。

ただし、この方法は空気が入ってインクが出なくなったときは使えません。

書けるボールペンと擦り合わせる

書けるペンのインクが、固まったインクを溶かす手助けになり、復活することも

空気が入って使えないボールペンにはこちらの方法も。

1.ボールペンの中心にゴムを取り付ける
2.ボールペンをゴムがねじれるように縦に何十回も回す
3.ゴムだけ持つ。するとすごい速さでボールペンが縦に回る。

空気が入る原因には、ペン先を水平より上にして書く「上向き筆記」

ボールペンが水平(真横に寝かせた)状態から少しでもペン先が上を向いた状態で書けば、それは上向き筆記。
空気が入る原因だそう。

また、保管するときもペン先を下にするか水平にしましょう

やっぱり確実なのは補充インクや替え芯

1





mofmof5さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう