1. まとめトップ

『身毒丸(しんとくまる)』って何なのか?の基本のまとめ

藤原竜也のデビュー作だったりで有名な『身毒丸(しんとくまる)』というのはいったい何なのか?という今更きけないことのまとめ

更新日: 2017年06月07日

14 お気に入り 186014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kangidanさん

蜷川幸雄氏の演劇作品などで有名な『身毒丸』

さて、その『身毒丸』とは何なのか?ということでまとめてみました。

『身毒丸』の大元は「俊徳丸伝説」(高安長者伝説)で語られる物語が原典。

長者の息子が、継母の呪いによって失明しするが、恋仲にあった娘・乙姫の助けで四天王寺の観音に祈願することによって病が癒えた、という伝説。

『俊徳丸伝説』

*注意*あくまでこれが原典の物語で、それぞれ派生した物語(舞台版など)は話、結末が違っています。

河内国高安の山畑(現在の八尾市山畑地区あたり)にいたとされる信吉長者には長年子供がいなかったが、清水観音に願をかけることでようやく子供をもうける。
俊徳丸と名付けられた子は容姿が良く、頭も良い若者で、そのため四天王寺の稚児舞楽を演じることとなった。
この舞楽を見た隣村の蔭山長者の娘・乙姫は俊徳丸に魅かれた。二人は恋に落ち、将来、一緒になることを願うようになった。しかし継母は自分の産んだ子を世継ぎにしたいと願ったため、俊徳丸は継母から憎まれ、ついには継母によって失明させられてしまった。さらに癩病にも侵され、家から追い出されてしまい、行きついたのは四天王寺であった。

wikipediaより

そこで俊徳丸は物乞いしながら何とか食いつなぐというような状態にまでなり果てた。この話を村人から伝え聞いた蔭山長者の娘は四天王寺に出かけ、ついに俊徳丸を見つけ出して再会することとなった。二人が涙ながらに観音菩薩に祈願したところ、俊徳丸の病気は治り、二人は昔の約束どおり夫婦となって蔭山長者の家を相続して幸福な人生を送ったとされる。
それに引き換え、山畑の信吉長者の家は、信吉の死後、家運が急に衰退し、継母は物乞いとなり、最後には蔭山長者の施しを受けなくてはならないような状態になったという。

wikipediaより

この題材をもとに謡曲『弱法師(よろぼし)』説教節『しんとく丸』人形浄瑠璃・歌舞伎『攝州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)』が生まれた。

その他、謡曲『弱法師』をもとにして落語の『弱法師』、近代では三島由紀夫によって戯曲作品「近代能楽集『弱法師』」がつくられた。

作:三島由紀夫
演出:蜷川幸雄演出
主演:藤原竜也。

その『俊徳丸』伝説を、折口信夫が仏教的・教義的な要素を取り払って小説『身毒丸』を発表した(大正6年発表)

1887年(明治20年)2月11日 ~ 1953年(昭和28年)9月3日)
民俗学者、国文学者、国語学者。
釈迢空(しゃく ちょうくう)と号し詩人・歌人としても活動した。

【舞台版『身毒丸』の発展】

1977年6月、寺山修司率いる劇団「演劇実験室◎天井桟敷」の座付き音楽家・俳優であるJ・A・シーザーが、虎の門ニッショーホールのコンサートで説教オペラ『しんとく丸』を上演

説教節『しんとく丸』から「呪いの藁人形」「まま子いじめ」などのテーマを抽出し、作曲、オペラ化した。

J・A・シーザー(じぇい・えい・シーザー、ジュリアス・アーネスト・シーザー、1948年10月6日~ )作曲家、作詞家、演出家、歌手。
寺山修司の劇団天井桟敷に参加後、寺山修司の勧めで音楽を独学で学びはじめ、以降天井桟敷の舞台・映画等ほぼ全ての音楽を担当。『身毒丸』等は寺山氏の病状悪化により共同で演出を担当する。天井桟敷解散と同時に演劇実験室◎万有引力を旗揚げする。
その他、愛知万博・瀬戸日本館の常設劇『一粒の種』の演出や、アニメ『少女革命ウテナ』の音楽としても知られている。

1978年、前年コンサートで発表された短編説教オペラ『しんとく丸』を元にして「説教節の主題による見世物オペラ『身毒丸』」が、寺山修司の演劇実験室◎天井桟敷にて上演された

写真は、代表作『奴婢訓』の写真。
この世の物とは思えないような作品を多数上演していた伝説の劇団。

(1935年12月10日 - 1983年5月4日)歌人、劇作家、演出家、俳人、詩人、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、評論家、俳優、写真家などとしても活動、膨大な量の文芸作品を発表した。競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほどであった。メディアの寵児的存在で、新聞や雑誌などの紙面を賑わすさまざまな活動を行なった。

『身毒丸』1978年 紀伊国屋ホールにて初演

1978年 紀伊国屋ホール
作・演出:寺山修司
共同演出・音楽:J・A・シーザー
共同脚本:岸田理生
出演:新高恵子、若松武、蘭妖子、根本豊、他演劇実験室◎天井桟敷劇団員

1 2 3