1. まとめトップ

時間を忘れてハマってしまうタワーディフェンスゲームの傑作集

防衛ゲームとも呼ばれ、拠点に迫りくる敵を撃退するのが目的の、タワーディフェンス、というゲームジャンル。これが奥が深くて、ついついハマってしまい時間すら忘れてしまうことがよくあるものです。そんなタワーディフェンスゲームの中でも特に傑作な作品を一挙ご紹介。

更新日: 2017年10月30日

8 お気に入り 49521 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

タワーディフェンスゲームとは

リアルタイムストラテジーの一種。略式はTD系。日本語では防衛ゲーム、防衛系ゲームなどとも呼ばれる。自分の領地に侵入してくる敵を倒すことが目的のゲーム。 任意の場所に攻撃キャラクターや施設を配置し、配置された施設やキャラクターは自動で行動を行うことが特徴。

ルールはシンプルだが、キャラの配置箇所や、成長させるタイミング、置き換えなど、奥深い要素のある作品が多く、時を忘れてハマってしまう人が多いジャンルでもあります。

ダウンロード系

ソフトをダウンロードしてPCでプレイするタイプ。ユニットやプレイヤーの成長要素のある作品が多く、奥が深く長期的にハマれる作品が多いです。

スーパータワーディフェンスウォーズ

最強のやりこみタワーディフェンスと言っても過言ではないゲームです。ユニットの基礎能力の成長や、プレイヤーのライフや初期資金も成長していくので高難度のステージクリアには戦術と、各成長が欠かせず、時を忘れてハマることうけあいです。

やりこみ要素がとにかくハンパないです。各ユニットの成長や、プレイヤーキャラの支援の強化等、ゲームを進めていくと重要な要素が盛りだくさん。

終盤はキャラ配置だけですごいことに・・・
マップも広く、キャラの配置や強化する順など、ポイントが多くとことん奥の深いゲームです。

TOUCH DE DEFENCE 陽だまりの要塞

かわいい魔術師がいろんなユニットを召喚して戦うタワーディフェンス。ユニット種類も少ないためシンプルだが、その分ミスれなく、奥の深い戦術が必要に。

ゲームはシビアだがデザインがかわいくてほのぼの

MAPが小さく打てる手が限られている中で、手順を間違わず進めないとなかなかクリアできません。

とある世界の賢者と王子の大防衛戦

同じ傭兵を設置するたびにコストが上がり
バランスよく計画的に配置することが求められて戦略性が必要でおもしろい

ちょいちょいキャラの会話がおもしろい。いいセンスしています。

マーシナリーディフェンス バースト

個性ある15人の女性キャラを味方にして、成長させ戦っていく長編タワーディフェンス。

戦闘を進め、キャラが成長していくと、クラスチェンジ等の要素があるので、よく考えて進めていく必要があり、やりこみが楽しめます。

鉄の防衛戦線

1 2