1. まとめトップ

東京凰籃学院入会方法

ほとんど全員が東大に進学する超精鋭塾「東京凰籃学院」(とうきょうおうらんがくいん)。入塾イコール東大合格ともいわれる奇蹟の塾に入塾する方法をまとめました。

更新日: 2014年12月17日

1 お気に入り 5300 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LoveJunkoさん

東京凰籃学院(とうきょうおうらんがくいん)って何?

東京凰籃学院は、塾生のほとんどが東大に進学する超名門塾です。 また東京凰籃学院のテキストからは、多くの東大入試問題に的中が出ます。

大学受験の塾です。

進学先は最前列左から
東京大学文科1類
東京大学文科2類
東京大学理科3類
東京大学文科2類
東京大学文科3類
東京大学理科2類
東京大学理科1類
東京大学文科3類

東京凰籃学院はもはや「入塾イコール東大合格」の様相を呈しており、問い合わせが多すぎて対応できなくなるため住所や電話番号は一般には公開していない。

ゆえに連絡先は非公開。

東京凰籃学院では全員合格がデフォなのだ。
余程の優等生ばかりを集めても、まずこうはならない。
なぜ全員受かるのかと言えば、塾長が桁外れに優秀であり、劣等生でも東大に押し込むノウハウがあるから。

指導力が凄い。

公表される実績はすべて、高3または浪人で通常講座を受講した生徒のものである。例年東大合格率は対受験者比で100%である。さらに出席が芳しくないなどの生徒は合否にかかわらず合格実績の算入対象外となるが、それら対象外の生徒も殆どの年で東大合格率は100%である。すなわち基本的に不合格はゼロ。

東大合格がキホン。

私が見たところ、失礼ながら東大を受けてはいけないんじゃないか?と思う人も混じっていました。どうしてそういう人もみんな東大に受かってしまうかというと、「授業がよい」、「教材がよい」、「システムがよい」、「宣伝しないのでいい生徒が集まる」ということなのですが、特に重要なのは、受験生のしがちな失敗を完全にフォローしてくれるところではないでしょうか。

生徒のレベルはさまざま。

──公開的中──
2014年的中した問題で,過去の的中リストにも掲載されている57題に
★印を付しました。

入試的中も凄い。しかもWebサイトでの公開的中!

ここからが本題──東京凰籃学院への入り方

東大・早慶など難関大受験を目指す方ならどなたでもご入会いただけます。

なんと誰でも入塾できる。

白山教室は夜景のきれいな新築高級マンションで,明るさと華やかさを演出してくれました。
進学先は着席順に右遠方から
東京大学理科1類
東京大学文科1類
東京大学理科2類
東京大学理科2類
東京大学理科2類
京都大学経済学部
東京大学理科2類
東京大学文科1類

1 東京凰籃学院出身の紹介制度対象者に紹介してもらう。
2 高1以上のみ
 a 個別指導部のページ(http://www.oran.co.jp/premium2/)から東大プレミアムコースに申し込む。
 b このページ(http://www.oran.co.jp/annaisyo.htm)から案内書を請求する。
3 小1~高3・高卒までの全学年
 a 携帯またはスマートフォンで公式サイト(http://www.oran.co.jp/)にアクセスし、プライムグレードまたは東大プレミアムコースの抽選に申し込む。
 b 携帯またはスマートフォンで公式サイト(http://www.oran.co.jp/)にアクセスし、案内書を請求する。

これ以外のルートはないものと思われます。

これが基本。

抽選の場合

Q6 入塾しやすい方法はどれですか?
A6 「紹介 > 東大プレミアムコース > 案内書請求」の順ではないかと思います。
 こちら(http://www.oran.co.jp/annaisyo.htm)にも、「『東大プレミアムコース』に抽選お申し込みをご利用頂きますと、当選確率が上がり、ご入会頂きやすくなります」とあります。

紹介がない場合は抽選で!

東大プレミアムコースの抽選は、入会する意思がはっきりしている人のための制度だそうです。なら、確率が高くても当然ですね。

当選確率の高いのはこれ。

抽選・懸賞はフリアド厳禁じゃ

フリーメールはサーバ障害で当選通知を逃すかも!

教室の授業は住所制限あるから気をつけて。エリア外なのに教室希望すると対象外になるらしい。エリア外ならブロードバンドで。

家から遠い人はブロードバンド授業で。

ブロードバンド授業がねらい目

「ブロードバンド受講」をお選びいただきますと当選確率が上がります。

当選確率が高い。

教室とブロードバンドの授業は全く同じ形で進められます。ただ、受講生のレベルにはかなり差があり、昨年(2011年)の合格祝賀会では、ブロードバンドの生徒のほうが第2回東大入試実戦模試の偏差値で13.8ポイントも上回っていたという資料が配られました。ブロードバンドの学習効率が高いからでしょう。

ブロードバンド授業の方が良さそう。

絶対にブロードバンド受講がおすすめです。特に個別指導は,聞くだけの授業とは異なりハードなので,授業後はどっと疲れることも。私もすぐに寝てしまうことが多かったです。そんなときブロードバンド受講のありがたさを実感します。

ちゃんと勉強させるようだ。成績が伸びるのもうなずける。

Q.個別指導を希望しております。ブロードバンド授業と教室授業はどちらがいいでしょうか。
A.これは迷わずブロードバンドです。特に,遠距離の方は,通塾時間を節約できるメリットが莫大となります。 通塾時間分を勉強に割り当てたら,どのくらいの量をこなせるか考えてみると,すぐにわかることと思います。

公式サイトでもすすめている。

教室受講は住所制限あり

●東京メトロ東西線,有楽町線,南北線の方:地下鉄B1出口から約3分です
●都営大江戸線の方:地下鉄C1出口から約2分です
●JR中央線の方:飯田橋駅東口改札から約4分です

通う場合でも十分便利!

年度の初めの4月頃は混雑するようです。そのため本文にも書きましたが、東京凰籃学院では宣伝になりやすいコンテンツの公開を控えます。逆にいうと、的中リストや合格体験記の最新版がWebサイトに掲載されたときは混雑が一段落したということです。その時期を狙うといいかもしれません。

入塾しやすい時期の見分け方!

1 2