1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

扉を開けたら足場が無い…9階から転落死した女性が悲惨すぎ

新宿歌舞伎町のビルで女性が9階から転落死した。ビルには換気用の扉があり、そこを開けると、なんと足場のない外に出てしまう。その扉から転落してしまった。

更新日: 2016年06月21日

189 お気に入り 1032110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

■新宿歌舞伎町のビルで女性が9階から転落死した

12日午前5時頃、東京都新宿区歌舞伎町のビル敷地内で、世田谷区千歳台、アルバイト佐藤彩香さん(22)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、同ビル9階の飲食店員が110番した

佐藤さんは知人数人と9階の店を訪れ、午前4時半頃、トイレに行くと言って席を立ったまま戻らず、店員らが捜していた

・9階のトイレには換気用の扉があり、そこはなんと扉の外は足場がない!ここから転落したと見られている

こういった感じのドアだった?

店のトイレの個室内に、屋外に直結するのに外側に足場がない扉がある。署は、女性が何らかの原因で転落したとみている

佐藤さんが戻ってこないため、店員が施錠された個室に入ると、個室内から屋外に直結する扉が開いていた

ビル所有会社によると、扉は換気用で中から開けられる状態になっていた。扉は縦約150センチ、横約85センチで、床から30~40センチの高さにあり、転落防止用とみられる鉄棒がはめられていたという

鉄棒をくぐってしまったのか?

扉の前には、出られないように約1メートルの高さに横棒が渡してあったという

・警察は建物の安全管理に問題が無かったか調べている

警視庁新宿署は、佐藤さんが誤って転落した可能性もあるとみて、ビル側の安全管理に問題がなかったか調べている

いくらなんでもそんな危ない扉を誰でも開けられる状態にしておくのは危険では?換気用といっても、他に換気する手段はいくらでもありそうですし…。

■実は外開きの扉が多いのは日本独特。その理由とは

その最大の理由に、「玄関で靴を脱ぐ 」という日本の文化があるらしいです。確かに内開きだとクツにひっかかって開けにくいですもんね!

現代の都市部の家は限られたスペースから居室を優先するため、玄関が狭くなり、内開きにするスペースがなくなってしまう

・日本では消防法で公共施設など、たくさんの人が集まる場所は「外開き」と決められている

日本の建築基準法第125条2項では、「劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂又は集会場の客用に供する屋外への出口の戸は、内開きとしてはならない」とある

これは大勢の人が一気に押し寄せた場合のことを考えれば当然のことと理解できる

一戸建ての住まいの場合は、内外どちらに開き勝手があろうと規制はない

・では欧米で内開きが多い理由は?

欧米のドアが内側に開く理由は中にいる人のプライバシーを守るため。例えばトイレで鍵をかけ忘れて、外から開けられたとしても、すぐに押し返すことができます

そういえば、駅のトイレで和式は外開きで、洋式は内開きになっている事が多いですね。

他にも
・外開きだと玄関を開けた時にお客様が一歩下がらないとダメだから
・外に雪が積もると開けられなくなるから
・内開きにしておけば危険な状況になった時に重い物を置けば外から開けにくくなるから

などがある

・日本のホテルでは「内開き」が多い

日本のホテルの客室は欧米にならって、ドアはほとんど内開きになってます

1 2