1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【温泉】冬になると行きたくなる!日本屈指の名湯・秘湯 ~名湯編~

お湯に浸かる習慣があるのは日本人だけ。この幸せをいろいろな人に知ってほしいです!

更新日: 2015年03月10日

265 お気に入り 66652 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KANOCHANさん

寒くなり、身体が底冷えする時期になりましたね。
この時期になると無性に温泉に浸かりたくなります。

そんな時期だからこそ、温泉大国・日本のどうしても入りたい!名湯&秘湯をご紹介します!

登別温泉(北海道)

1日1万トンもの湯量を誇り、多くの種類の温泉が湧出していることで、「温泉のデパート」とも呼ばれています。

登別には観光名所が満載。登別温泉の源の地獄谷、登別温泉を取り囲む豊富な自然以外にも、登別伊達時代村、クマ牧場、登別マリンパークニクスと、多彩なテーマパークも近郊に集中。

乳白色の硫黄泉に浸かり、鉄泉で体を癒し、湯冷めしにくい食塩泉を愉しむ。

箱根温泉(神奈川)

奈良時代に開湯され、小田原征伐の際に豊臣秀吉たちの身を清め、江戸時代に東海道の旅の疲れを癒やしてきた箱根温泉。

富士山が綺麗ですね~

その魅力は1日2万5000㌧もの湧出量があり、20箇所に分けられる温泉場。

20の温泉場がある箱根の泉質は多種。温泉場、宿の源泉によってその泉質・効能は違います。

箱根湯本エリア、塔之沢エリア、宮ノ下エリア、小涌谷エリア、強羅エリア、仙石原エリア、芦之湯エリア、芦ノ湖エリアの計8つの温泉エリアがあります。

芦ノ湖や季節によって彩りが変わる山々、花々など、自然に囲まれた景色。
美術館、遊覧船、立ち寄り湯、庭園などの多様な観光施設とイベント。

草津温泉(群馬)

自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています!

草津といったら、湯畑ですよね。足湯ができるところも何か所かあるので、浸かりながらのんびりすることもできます。

日本有数の酸性度で、pH値はナント2.1(湯畑源泉)。雑菌などの殺菌作用は抜群です。

伊豆北川温泉(静岡)

「黒根岩風呂」に代表される海辺の温泉に加え、 伝統の定置網漁で獲った新鮮このうえない海の幸に恵まれた、まさに味と湯の街。

潮騒を聞きながら、ゆったりと…。いいなあ!

1 2 3