1. まとめトップ
  2. おもしろ

面白くて可愛くて不思議!チンアナゴ、ニシキアナゴについての豆知識まとめ

何かと気になるチンアナゴについて調べてみました(*'-'*) ニシキアナゴや、ゼブラアナゴなど、全世界のチンアナゴの仲間たちについてもまとめています!

更新日: 2019年05月02日

316 お気に入り 288936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sealioniaさん

南日本の太平洋岸、琉球列島からインド洋、西部太平洋に分布する。サンゴ礁外縁部の潮通しのよい砂底に群れをなして生息する。後半身は砂に入り、体を外に出して潮の流れの方に頭を向け、流れてくる動物プランクトンを摂食している。側面に黒点を持つのが特徴である。和名は顔つきがイヌのチンに似ていることから。

ウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種。

通常、頭と体の最上部だけが砂から突き出ており、大きな魚やダイバーが近づいてくると体全体が砂に引っ込む。

チンアナゴ豆知識1:群れ(集団)で暮らしている!

群れをつくり一定の範囲中で生活し、動物性プランクトンを主に食べる。

チンアナゴ豆知識2:くねくねしながら尻尾から穴に入る!

チンアナゴは、砂の中に自分の体の太さと同じくらいの穴を掘って、その中で生活しています。

実はチンアナゴたちは、巣穴を掘るとき、自身の粘液で固め、巣穴が崩れないようにしているのです。

チンアナゴ豆知識3:みんなで同じ方向を向いている!

面白いのは、いつも一斉に同じ方向に顔を向けて、ゆらゆらしていること。実は、水流に乗って流れてくるプランクトンを食べているんです。

流れに乗ってきたプランクトンを食べます。その際彼らは巣穴から出ることは無く、流れてきたプランクトンの方向を向きそのまま捕食します。その為、彼らは水の流れてくる方向を向くという習性があるのです。

チンアナゴ豆知識4:水深10mくらいの水域に生息!

体験ダイビングでもチンアナゴを見られるくらいの深さ。

水納島体験ダイビングでチンアナゴ | 沖縄水納島でダイビングとシュノーケリングを体験しよう - aquapopo.com/2014/05/post-2…

チンアナゴ豆知識5:チンアナゴは英語で「ガーデンイール」!

巣穴から頭もしくは半身を海中に乗り出している様子が、庭園に規則的に植えられた草木のようであることから、英語でアナゴを「ガーデンイール」と呼ぶそうです。

チンアナゴ(狆穴子)。水族館の人気者ですね。ガーデンイールなんていうとお洒落ですが、日本古来の小型犬“狆”に顔が似ているという由来を持つことから考えて、古くから親しまれているのがわかります。 pic.twitter.com/HxssyxKrMr

チンアナゴ豆知識6:砂のなかでもくねくねした形になっている!

チンアナゴをよく観察してみると、真っすぐに砂に潜っているのではなく、くねくねと波打つように曲がっています。もしかしたら、真っすぐの穴だと、顔を出した時に、顔を出したまま自分を支えることができないのかもしれませんね。

チンアナゴ豆知識7:身体の長さは30cm~40cm!

顔を出しているのは数センチから10センチほどでも、実際の体長は30cmくらいあります。

あの砂の下にもにょろりとした胴体があるに違いないとはわかってはいたけれど、まさか全長が30~40センチメートルになるとは思いもせず。

隠れている部分のほうがはるかに長いとは。

1 2