1. まとめトップ
  2. カラダ

足元が冷えてツライ…サクッと出来てポカポカになるケア

職場で、外出先で、就寝前に、足が冷たくてツライ…なんてことないですか?足先にポカポカを取り戻すクイックケアを中心にまとめました。

更新日: 2014年12月17日

ringo-mikanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1756 お気に入り 328191 view
お気に入り追加

▼外出先でもできるケア

職場で、外出先で、「足が冷えてツライ!」と思ったら試してみて。

マッサージ

ひざから下だけをこぶしでちょっと強めにトントンたたきます。ふくらはぎの外側、内側をたたいてみましょう。

右足の場合は、右手を向こうずね側に当て、左手はふくらはぎを包むように当て、足首からひざ下の方向へちょっと強めになであげます。左足の場合はその逆に。

ストレッチ

電車を待っているときや、仕事中でのちょっとした時間など、いつでもどこでも実行できます

かかとを上げて、つま先立ちでそのまま5秒静止。そのあとかかとをおろす。というのを数回繰り返すだけ。

一気に血流がよくなり、足先から温まることができます。電車を待っているときや、仕事中でのちょっとした時間など、いつでもどこでも実行してみてください

冷え性の人の足首は自分が思っている以上に固くなっており、
血行もよくありません。
足先ばかり気になりがちですが、足全体をさわってみると足首もかなり冷たいはず。

椅子に座って足を延ばし、両足の足首を右に10回、左に10回ずつ回転させます。
血流が良くなり足先までぽかぽかしてきます。

ふくらはぎを温める

筋肉が少ないふくらはぎは血流が滞りがちなところ。冷えた足先を温めるのではなく、ふくらはぎを温めて血流を良くすることが大事です。

そこから足先に向かって血液が徐々に冷え、血管も収縮しているため、カイロは足先を直接温めるよりも、足首かふくらはぎを温めた方が効果的です。

階段でのステップ運動

足の中でも特にふくらはぎの筋肉が収縮することで、温かい血液を循環させているのですが、このふくらはぎの働きが鈍くなることで、足が冷えやすくなるのです。

足が冷えている場合の多くは、足の筋肉が血液を送るポンプ役として機能せず、血液やリンパ液が停滞している状態といえます。

足の運動をすることで血行が良くなります。足の筋肉を衰えさせないようにスクワットをしたり、階段の上り下りなどをしても効果的です。

登って降りて、登って降りて…地味な動きですが数分やるだけで、足元がけっこうポカポカしてきますよ

からだの中心を温める

冷えを感じている部分を頑張って温めるよりも、体の中心をマッサージする方が全身を温めることができます。

おへその周りの筋肉をマッサージすると、体全体の血行が良くなります。両手の指3本を使って、おへそ周りを軽く押すようにマッサージしましょう。

貼るタイプのカイロは、おヘソの1〜2cm下に貼るのがポイント! 内臓が温まり、手足への血流もスムーズになります。

体が冷えている時には、お尻の骨の平らな部分に、カイロを張って温めます。骨盤が温められることによって、内臓も温まり体の中から冷えが解消されます。

1 2 3





エンタメ・雑学を中心に気になったことをまとめます。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Twitter: http://goo.gl/Cx7VUJ