1. まとめトップ

PCオーディオ入門 3万円台で買えるおすすめスピーカー

PCでいい音を聞きたいという人のためにPCスピーカーよりワンランク上の3万円クラスのパッシブスピーカーを紹介したいと思います。

更新日: 2015年02月11日

iwanocofuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 55581 view
お気に入り追加

PCでいい音を聞こう!

今流行のPCオーディオ。PC用アクティブスピーカではなくパッシブスピーカを使う人が増えてきています。そんな中でコスパの良い入門用のスピーカーを紹介したいと思います。

おそらくオーディオに興味がある人は一度は名前を聞いたことであるZENSOR1。
中高音をきれいに鳴らし特に弦楽器の響きはすばらしい。
低音が少し弱いが許容範囲内。気になる人は別途サブウーファーを使用することをすすめる。

とてもこの価格とは信じられない良質なサウンドで、音像がふたつのスピーカーの間にピシッとまとまり、個々の楽器の質感やボーカリストの声のニュアンスも正確に表現してくれる。クラシックのオーケストラを聴いても、ステージの奥行き感、空間のアンビエンスなどを問題なく再現する。

きらびやかなのに刺激的でない高音域(特にヴァイオリンや女性ボーカル)、ボリュームのある中音域、タイトな低音域のバランスが絶妙で、5万円以下の価格帯ではピカ1と感じました。

TEACのコアキシャル(同軸型)2ウェイスピーカー。
非常にコンパクトながらも優れた定位感で透き通るような高音と自然な低音を鳴らしてくれます。
デザインや質感も非常にGOOD!

実売3万円でこの立体感と解像度の高さは、非常にCPが高いと思います。
 デザインも良いですし、初心者の私をオーディオの深みへ誘っているようです。

高い機能性、美しい外観の仕上げを考えるとこの価格が信じられないです。

イギリスの老舗スピーカーメーカーWharfedale(ワーフェデール)から
非常にバランスのいい音を鳴らし低音の質感も十分。
ボーカルもはっきりと聞こえ非常にオールマイティーなスピーカーです。

ZENSOR1と変わらない価格で入手可能な本機、一聴してZENSOR1の方がゴージャスに感じられます。しかし本機の魅力は全音域に渡るバランスの良さ、どんなジャンルも楽しく聴かせる懐の広さではないでしょうか。

ただひとつ言える事は、コストパフォーマンスは恐ろしく良いです。

タンノイのmercury v1の新モデル
前モデルよりツイータが改良されておりとても素直できれいな音を鳴らしてくれる。

CPは相当に高いです。人気のセンソール1とこれを持っています。チェロやヴォーカルの音色はゼンソールが魅力的ですが、その他はタンノイが優れているように感じます。低音がよりはっきりと歯切れ良く鳴ります。

細くて繊細な音で良いです。耳につくような感じはほとんど無く、かといってジャキジャキとした弦の感じなんかがちょうどよく心地いいです。

前モデルBronze BRの新モデル。
新ドライーバーが搭載されておりダイナミック、緻密な再生を可能にした。

このクラスでは珍しいフロントバスレフは設置場所を選ばず、良く鳴る165mmのドライバーと合わせて、ブックシェルフとは思えないパワーのある低音を聞かせてくれます。

重低音から高音まで、無理なく再現でき、かつ帯域バランスもフラットな点に加え、良好なキレと解像度の高さから、オールジャンルを卒無くこなせる万能機種といった感じです。

家庭用スピーカーからスタジオ用スピーカまで幅広いジャンルを展開しているJBLから。
独特とツイーターデザインで透明感のある高音と迫力のある低音を鳴らしてくれます。

とてもこの値段で売られているとは思えない音質です。10万円以上しても違和感ないですね。癖がなく、低音から高音までとてもバランスが良いです。驚くべきコスパだと思います。

デザインは、ほんとに素晴らしい
この価格でこれだけのデザインのスピーカーは見たことありません
サランネットもかなり凝った作りでインテリアにも最適なスピーカーです

ここで日本のメーカーのオンキョーのスピーカー。
ZENSOR1と並んでPC用スピーカとして使用している人が多い。
空間表現が優れており、側板の突き板仕上げが特長的で見た目にも音質的にも美しいスピーカーである。

ZENSOR1が空間にふんわりとした聞きやすいサウンドを広げるような鳴り方としたら、こちらは他の方のレビューにもありますように引き締まった音像って感じですね。

これを買って後悔をする層が想定出来ないです。このサイズと価格に過度な低音を求めるなら後悔するかも。
フラットでスキっとした音を社是とするONKYOが、ややポピュラーな音作りに振った結果生み出された偶然の賜物でしょうなコレは。

1





iwanocofuさん

ジャンルはバラバラですが、主にガジェット系、ファッション、ライフハック系のまとめをあげていきます。