1. まとめトップ
  2. カラダ

佐々木希の美ボディの秘訣はウォーキング!その方法及びメリットとは?

ドラマ「黒服物語」で人気ナンバー1キャバ嬢を演じ、妖艶かつ引き締まったスタイルを披露した佐々木希。彼女の体型維持の秘訣はウォーキング。綾瀬はるか・ベッキー・MEGUMIなどの美女芸能人も実践しているウォーキング。その方法・メリット、また冬のウォーキングの注意点をまとめました

更新日: 2014年12月16日

703 お気に入り 281055 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■ウォーキングをしている美女芸能人は多い・・3人の注意点を紹介

「メイクさん200人が選ぶ芸能界一の美肌No.1」に選ばれた、綾瀬はるか。女性が羨む肌の透明感を誇り、多くの芸能人のスッピンを見る機会も多い業界メイクさんも感心する美肌の持ち主。

綾瀬はるか流ウオーキングは、①目安は30分~1時間程度。②早歩きでウォーキング。③日焼けガードため、日焼け止めは欠かせないとのことです

父親がイギリス人なので、特に30代以降肥満になりやすい傾向にあるようで、そのためにもダイエットの必要性を痛感しているのだそうです
ベッキーさんは、とにかく暇を見つけてはこまめに身体を動かすようにしているのだそうです。

毎朝、音楽を聴きつつウォーキングを1時間もしているという。腕をしっかりと上まで振って脚を大きく踏み出すのがベッキー流ウォーキングダイエットのコツ

ウォーキングで日々の運動量が増え、さらに筋トレにもハマったそうです。腹筋はひねりを加えながらみっちりと回数をこなしているそうです。自宅や仕事の空き時間を利用して、ダンベルやチューブトレーニングにより二の腕も鍛えています

毎日犬の散歩に行くことによってウォーキングを実践している。30分くらいは歩くことになるので、良い運動になる上に、気分転換にもなって一石二鳥とのこと

■ドラマ「黒服物語」で引き締まったスタイルを披露した佐々木希もウォーキングを実践している・・食事制限よりも重視

佐々木希は犬のファッションブランドを立ち上げたり、自宅で何匹も犬を飼ったりなど愛犬家

ドラマ「黒服物語」にて人気ナンバー1キャバ嬢を演じた佐々木希。彼女が披露した妖艶かつ引き締まったスタイルには、男性ファンのみならず女性視聴者からも注目が集まっていた。

美容ライターは「佐々木さんは食事制限よりも、まず日々のウォーキングを欠かさないそうです」と語っている

佐々木希は愛犬家としても有名だが、ウォーキングの際は犬の散歩も兼ねて行っているという

出典佐々木希、犬の散歩も兼ねてウォーキング。その効用は? - Infoseek ニュース

ウォーキングなどの有酸素運動は無理せず継続的に続けることが重要だが、佐々木は愛犬と共に日々の美ボディ作りをしている

■運動に苦手意識のある人も・・特に、犬を飼っている人は散歩を兼ねたウォーキングがちょうど良い

継続することが大事。犬の散歩のついでという感じなら続けやすい・・
しかし、普通の散歩とは異なり、歩く距離や時間などを測って、運動量を管理するのが運動としてのウォーキングです。

犬の散歩を兼ねたウォーキングは、運動に対して苦手意識がある方にも、とても良い

移動時間などの短時間のウォーキングだとなかなか効果は見込めませんが、愛犬と共に20分ほど歩けば、脂肪燃焼が期待できるといわれる

さらに全身運動となるので、新陳代謝を良くして美肌を助ける女性ホルモンも活発にする

■ウォーキングの効用は美容・ダイエットだけじゃない

体の中に内臓脂肪が溜まると高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化など、いわゆる生活習慣病の発症や進行に影響が出てきます。

心臓や肺の機能が高まって血圧が安定する、体の自律神経が適度に刺激されて寝付きや寝起きが改善する、

足の筋肉が脳を活性化させて脳がリフレッシュする、
高齢者では骨粗しょう症の予防になるといったメリットがあります。

自分で歩きながら新しい風景を見ることは、脳の活性化に有効だと言われています。

出典ウォーキングは脳の活性化にも有効

■ウォーキングは有酸素運動・・しかし散歩中途中で休んでもかまわない

誤解されやすいのは、「有酸素運動を20分以上行わなければ、体内の脂肪は使われない」ということ。やせたい場合は一定時間以上の運動を奨められることが多いと思いますが、実はこれには誤りがあるのです。どのエネルギー源が利用されるかは、時間だけではなく「運動強度」の影響も大。強度が強い運動はより多く糖質を使い、長く続けられるような強度の弱い運動は脂肪を多く使う傾向があります。

■代表的な有酸素運動……ウオーキング、ランニング、サイクリング、水泳など
■代表的な無酸素運動……短距離走、重量挙げ、ウエイトトレーニングなど

ウォーキングは、ゆっくり時間をかけながら、体内に酸素を取り入れる「有酸素運動」です

「有酸素運動」では、20分という数字が協調されるが、少しずつ細切れに運動を続けることも決して無駄ではありません。

糖質・資質、どのエネルギー源が利用されるかは、時間だけではなく「運動強度」の影響も大

溜まった脂肪を減らしたいなら、細切れでもよいのでより多く運動をすることが大切

ウォーキングの魅力には、体調にあわせた目標を定め、楽しみながらマイペースで持続できることが大きい

1 2 3