1. まとめトップ

【衆院選】 今回の勝者は公明党と共産党か 公共対決の大阪3・5区、無効票率が突出15%前後

解散前より議席を増やした公明党と共産党。したたかな選挙対策には舌を巻くところもある。今後、公明党は連立政権内での存在感が問われ、一方の共産党は対自民党での存在感が試される。

更新日: 2014年12月15日

othllcさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 666 view
お気に入り追加

白票や候補者名以外が記載されたなどの無効票が大阪府内の小選挙区で合計17万4618票となり、投票総数に占める割合(無効票率)は4・84%だった。全国で2番目に無効票率が高かった前回2012年の4・62%を上回る。急な衆院選で候補者が少なく、選択肢を失ったことが背景にあるとみられる。

とりわけ公明党と共産党の一騎打ちになった3区が15・25%(前回10・83%)、5区が14・90%(同10・20%)と突出。両党に生活の党を加えた6区も11・31%(同11・14%)だった。公明、共産対決となった兵庫8区も10・41%(同4・15%)と高かった。

大阪5区で当選した公明の国重徹氏(40)は、無効票率の高さに「公明、共産両党以外を支持する人の受け皿になりきれなかった」と振り返った。

衆院選で候補者が自民と共産だけの小選挙区は全国で25に上り、前回2012年の6から急増した。知名度の高い自民候補が立候補した区が目立つ。急な解散・総選挙は、民主や維新などの準備不足もあらわにした。有権者からは「選択肢が少なすぎる」と不満が漏れる。

外部リンク

1





othllcさん