1. まとめトップ

【2014衆院選】次世代の1500票を共産党の票として集計!田母神票が共産票へ?など他にも続々…

2014衆議院総選挙は共産党が大躍進するかたちで幕を閉じましたが、一方で不正とも思われるような不自然な集計ミスが発覚しました。これだけに収まらず続出した杜撰な集計ミス、不自然な票の動きがありました。はたして表に出たものがすべてなのか…共産党大躍進の陰に何があったのか?

更新日: 2014年12月18日

0 お気に入り 17806 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

saveasdraftさん

<目次>
▼次世代の比例票が共産に混入、不正の恐れも(京都市伏見区)
▼田母神氏・青木愛氏の得票数が共産の不自然な追い上げを食らう(東京12区)
▼公共対決の大阪3・5区で無効票率が15%前後と突出
▼比例票「日本」=「共産」に 「他に該当政党ない」(秋田・大館市)
▼小選挙区と比例の投票者数、989人の差…原因不明 (仙台市青葉区)…12月18日付
▼開票所で投票用紙80枚発見、持ち帰り票扱いに(福島市)
▼投票総数が投票者上回る(長崎・沖縄)
▼岡山市、市内4区すべての開票所で集計ミス
▼「国民審査」用紙、投票者数より117票少なく…不正開票あった(高松市)

▽開票スタッフは日本人以外でもなれるようになっています
▼選挙についてのご意見はこちら

▼次世代の比例票1500票が共産に混入、不正の恐れも(京都市伏見区)

京都市伏見区の選挙管理委員会が、衆議院選挙の比例代表で「次世代の党」に投じられた1500票を、「共産党」の票として誤って集計していたことが分かりました。

市選管事務局によると、伏見区の開票作業は14日午後9時20分から始まり、比例代表は15日午前0時14分に結了した。次世代の党の比例票は381票で、同市内の他の行政区に比べて同党の票の割合が極端に少なかったことから、府選管が再点検を指導した。

伏見区選挙管理委員会によりますと、集計ミスの原因は次世代の党と共産党の票の集計を同じ職員が担当していたため、混同したとみられるということで、内山修書記長は「多くの方々に迷惑をかけ申し訳ない」と話しています。

故意に行われた恐れ

午前0時10分の速報の途中集計段階では次世代1500票なのに、381票なっていたことが判明しています。
混同されていたとは到底考えにくいでしょう。

※ちなみに京都は共産党が強い地域です。

▼田母神氏・青木愛氏の得票数が共産池内さおり氏の不自然な追い上げを食らう(東京12区)

■開票率37.6%
太田昭宏__39000
田母神___16500
青木愛___14500
池内(共産)_14000


■開票率77.0.%
太田昭宏__73100
池内(共産)_32911
青木愛___32182
田母神___31117


■開票終了
太田昭宏__88499
池内(共産)_44721
青木愛___40067
田母神___39233

http://www.news-us.jp/article/410733466.html

開票率37.6%時点では、田母神氏が共産の池内さおり氏に2500票差をつけていましたが、開票終了時には5000票以上の差をつけられてひっくり返されています。

▼票数は妥当か?
12/10時点での情勢は以下のように伝えています。
“自民の支援も受け公明太田が国土交通相の実績を訴え、リード。共産池内、生活青木が追う。次世代田母神は支持拡大を急ぐ。(<衆院選>小選挙区の終盤情勢-東京新聞12/10)”
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20141210/CK2014121002000137.html

このように事前の情勢では田母神氏が苦戦を強いられることはわかっていたため、不自然な票の動きだけを見なければ妥当の結果ともとれます。

▽こんな衝撃的な動画が・・・

東京12区(竹の塚体育館(スイムスポーツセンター))の集計の模様です。

次世代田母神氏・共産池内さおり氏・青木愛氏の票をまとめ、最後に公明太田氏の票を一枚抜き取って上にのせているようにして束ねられているようですが、これは単に上下をあわせるための作業なんでしょうか。
だとすると、最後に一枚のせる行為がやけに不自然です。
http://www.news-us.jp/article/410759480.html

開票作業は不正し放題?

▼公共対決の大阪3・5区で無効票率が15%前後と突出

力をあわせて無効票15%達成・・・

白票や候補者名以外が記載されたなどの無効票が大阪府内の小選挙区で合計17万4618票となり、投票総数に占める割合(無効票率)は4・84%だった。

出典朝日新聞(11/15)

公明党と共産党の一騎打ちになった3区が15・25%(前回10・83%)、5区が14・90%(同10・20%)と突出。両党に生活の党を加えた6区も11・31%(同11・14%)だった。公明、共産対決となった兵庫8区も10・41%(同4・15%)と高かった。

出典朝日新聞(11/15)

白票ではなく無効票の割合です。
公明党、共産党のいずれかの陣営の手先によって票が不正に無効にされたと疑わずにはいられません。

共産党躍進の秘密は不正と低投票率という事が背景かもしれません。

▼比例票「日本」=「共産」に 「他に該当政党ない」(秋田・大館市)

14日から15日にかけて行われた衆院選開票で、秋田県大館市で投票された比例代表の
票の中に「日本」とだけ書かれたものがあり、共産党の票になったことが分かった。

「比例代表届け出政党で日本が付くのは日本共産党しかなく、筆致などから総合的に判断した」としている。

前回衆院選のときは「日本」が付く比例代表届け出政党が日本共産党、日本維新の会、 日本未来の党だったため、「日本」とだけ書いた票は3党で案分されたとみられるが、 今回は全国的に共産党の票になったとみられる。

▼小選挙区と比例の投票者数、989人の差…原因不明 (仙台市青葉区)

今回の衆院選で、仙台市青葉区の比例選の投票者数が、小選挙区選より約1000人も少ない結果になった。

青葉区では、投票所で手続きした投票者数が、期日前投票などを含めて小選挙区選で
11万8199人だったのに対し、比例選は11万7210人で、989人の差が生じた。

区選管は、今回選で突出した差が出た理由について「不明」としている。投票者数と、開票所で確認した投票用紙の枚数(投票総数)の差はほとんどなかったため、投票箱を開票所に運ぶまでの間に問題はなかったとの見解だ。

1 2