1. まとめトップ

思い出も新たに中谷美紀『ゴーストライター』【登場人物一人ひとりに心配りされた完璧な最終回だった】

#中谷美紀#ゴーストライター#水川あさみ#三浦翔平#菜々緒 10.5→9.2→8.7→7.6→7.0→7.9→8.9→8.6

更新日: 2015年04月01日

2 お気に入り 36144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiko30さん

10話

ゴーストライターめっちゃ面白かった!登場人物一人ひとりに心配りされた完璧な最終回だった。こういうハッピーエンドはいい!

ゴーストライター終わってしもた どうなることかと思ったら、穏やかな終わり方で良かった〜

母が毎回楽しみに見ていたゴーストライター。最終回は録画して最後だけ見た。偽りの私も私。というナレーションに後ろ姿の中谷美紀さん。美しい。

ゴーストライター良かった。脚本が良いし、中谷美紀の演技は最高!最後のお母さんには驚いた(;゚д゚)今期はゴーストライターとデートが面白いかな。どちらもフジだけどいいよ。フジ。

ゴーストライター最終回良かったわ!しかし、毎週の楽しみがなくなってしまったわ。寂しい!!!!!!!

あまりにもきれいに終わったので「良かった」くらいしか言えなくなっているところがあるけど、ゴーストライターすごく良い百合ドラマだった。

ゴーストライター最終回、パーティーのシーンかっこよすぎて鳥肌立った。それぞれの気持ちとか力関係がすごくよく表れてた。実は母さんと喧嘩して3日間口きいてなかったんだけど、最終回面白すぎてすごい喋ってしまった。10話くらいから見始めたんだけど、その前の話動画サイトに載ってないかな。

ゴーストライター面白かったー!!!あんなに色々あったのにラストは素敵に終わったな

あああゴーストライター最終回すっごくよかった!!これボックスもノベライズも買っちゃうなぁ~もうほんっと全部好きだぁ~

ゴーストライターの美紀さんとあさみちゃん綺麗過ぎた…;;;

リサ(中谷美紀)は、新たに書きあげた小説「私の愛しい人」のデータを由樹(水川あさみ)に手渡した。小説を読んだ由樹は、一度はリサにそれを返そうとするが、思い直して神崎(田中哲司)を訪ねる。由樹はリサの原稿を差し出して書籍にして欲しいと頼む。しかし神崎は、出せないの一点張りで聞く耳を持たない。

原稿を置いて帰る由樹を、小田(三浦翔平)が追いかけてきた。小田は小説が書けなくなっている由樹を心配しつつ、リサとはかかわらないように助言する。


 ビジネス雑誌で絶賛される神崎をわずらわしく感じていた鳥飼(石橋凌)の元に小田がやってきた。小田はリサの原稿を差し出してなんとかしたいと訴えた。リサと由樹に共同執筆させて話題性を出すことを提案するが…。

元子(江波杏子)のもとを訪ねていたリサは、元子が遠野リサという名前すらわからなくなっていることを知りショックを受ける。そんななか、小田から会いたいと連絡が入った。


 待ち合わせ場所にやってきたリサの前に小田と由樹が現れた。小田は、リサと由樹の共同執筆で新しく小説を書いて自費出版で本を出さないかと提案する。それを聞いたリサは…。

9話

ゴーストライター見て、中谷美紀の美しさがやばいな〜。こんなお人に生まれたらな〜。プレッシャーでヤバイよね。

ゴーストライターやっぱりなっていう展開で草生えた

ゴーストライターに銭の戦争、来週で終わりとか寂しいな…。ゴーストライターは意外すぎる展開で5話以降が面白くなった。銭の戦争は話の作りが雑だけど演出と役者の演技でカバーできてるからスピード感があるのがいいのかな。#fujitv

ゴーストライター、自分、オダのような人と仕事したくないんだなって分かったのが一番の収穫な気がする。 ろくに何ができるわけでも結果出すでもなくただ感情で正しさとかいう自己満足を押し付けてくる奴……いるよな……いたな……邪魔なんだよなほんと 頼むから何もせず且つ黙っててくれって感じの

小説家を辞めたリサ(中谷美紀)は、家事にいそしみ、元子(江波杏子)の介護にもさらに力を入れる。荷物を取るために家に立ち寄った大樹(高杉真宙)はそんなリサの姿を見てもぶっきらぼうな態度を貫く。

 一方、由樹(水川あさみ)は小説を書きながら、雑誌の取材やトークショーの仕事を精力的にこなしていた。話題性もあり小説の売れ行きは順調だった。

編集部にいた小田(三浦翔平)のもとに、岡野(羽場裕一)が由樹の次回作の表紙サンプルを持ってきた。小田は帯に書かれた“元ゴーストライター”の文字を外せないかと神崎(田中哲司)に打診するが、一蹴されてしまう。

リサにけがを負わせた美鈴(キムラ緑子)は精神科に入院していた。美鈴は、見舞いに来たリサに、由樹への謝罪の手紙を書いたことを告げる。リサはついでに出しておくと言って手紙を預ると、後日、由樹の家を訪れる。帰り際、由樹からもう小説は書かないのかと問われたリサは…。

ある日、由樹と真奈美(菜々緒)が居酒屋で飲んでいると、酔ったサラリーマンが声をかけてきた。ゴーストライターと言われて一瞬顔を曇らせる由樹だが、すぐに笑顔に戻り丁寧に対応する。そんななか、小田が新作の本を届けにくるが…。

8話

ゴーストライター見終わった〜〜ホント展開見えないし演出が好きやわ

ゴーストライターの結末がなんとなくわかった気がする

ゴーストライター、こんなに二転三転するとは… 最後までこんなに気になる楽しみなドラマって久しぶりに見た気がする。

1 2 3 4 5