1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

癒されるだけじゃない!犬を飼うことで受ける恩恵が凄かった

犬も含めペットを飼うことはとても大変。でも犬を飼うと、様々な恩恵を受けることが出来るのです。

更新日: 2014年12月17日

284 お気に入り 223741 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

犬を飼っていると心が和みますよね

どうやら風が冷たいらしい。寒くならないうちに犬の散歩に行ってこよ

庭で遊んでたうちの犬がそのまま玄関上がったから、テンション下がるー。あいつめ~!かわいいから許す!!

犬さんも震えてます。゚(゚^ω^゚)゚。帰ってきたらサムイヨ~(ノ。´ ^ `)ノ ダッコォ...って飛びついてきたかわいい

でも、犬を飼うのって大変

ペットを飼うということは大変なことです。
しつけも大変ですし、病気になったときに数十万とかかることも。。
飼い主として責任を持てますか?

毎年、30~40万頭もの犬が処分されています。その内ほとんどが元・飼犬です。飼い主の勝手なエゴだけで殺処分されていく犬に何の責任もありません。

報酬は、犬があなたに贈る、「とびっきりの・誰にも負けない・最高の愛情」、そして「思い出」だけです。
満足できないのなら、犬を飼うのはあきらめてください。

子犬のときは、トイレがうまくできなかったりして色々な場所で間違えてしてしまいます。
病気にもかかります。年をとると目が見えなくなったり、介護が必要になる場合もあります。

飼い始めれば分かりますが、どんなにかわいい顔をしていても、手間暇がかかります。
時間もお金もかかります。
そのくらいの覚悟がある人だけ、動物を飼ってほしい。

犬を飼うことは非常に大変なことです。
しかし、犬を飼うメリットはたくさんあります。

犬を飼うメリット

▼アトピーになる確率が低くなる

犬を飼うと、アトピーになる確率が低くなることが研究で分かっています。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。

一歳未満のうちに犬と一緒に生活を始めた子供は、4歳までにアトピー性皮膚炎および皮膚疾患にかかりにくいという研究結果をシンシナティ大学の研究チームが発表したのだ。

犬アレルギーがあって犬と共に暮らしていない幼児は、極端な乾燥や炎症を特徴とする慢性皮膚疾患に4倍以上かかりやすいという。

猫アレルギーの子供が、生後1年間猫と暮らすと、アトピー性皮膚炎を発症するリスクが13倍高まるのだという。

猫の場合は一緒に暮らすとリスクが高くなるそうです。

▼運動量が多くなる

犬を飼うと散歩にいかなければなりません。
そのため、全体的な運動量がアップします。

犬は毎日散歩に連れていかなければなりません。そのため散歩の習慣がない方も、半ば強制的に散歩をするようになります。

何もないと家に閉じこもりがちになってしまいますが、犬を飼ったらお散歩に連れて行かないといけません。
毎日お外にでる理由ができるんですね

アメリカ・バージニア大学の調査では、イヌを飼う家族は、そうでない家族に比べて、かなり運動量が多いという結果が出ています。

散歩をすると、ペットだけでなく自分まで健康的になります。

▼社交性が高まる

犬を飼うと、散歩中に別の散歩に来た人と話が出来たり、声をかけられることがあります。
そのため、飼い主の社交性が深まります。

犬を飼えば、散歩に連れて行かねばならない。それにより他の散歩に来た人との繋がりが出来る。
また、犬の話題を通して人間関係が深まる。

動物はその場の空気を和ませ、良い雰囲気を作ってくれます。
普段恥ずかしがり屋で内向的な人でも、動物を介して通りすがりの人と話せてしまったり、むしろ向こうから話しかけてきてくれたり。

犬を散歩させていると、「かわいいワンちゃんね!」と話かけられたり、人と交流する機会が増える。
これがきっかけで恋愛に発展する人もいるようで、飼い犬がキューピッド役を務めることもあるのだ。

恋愛に発展することも!

1 2