1. まとめトップ

長い髪を切るときは!ヘアドネーションを!!髪を寄付してみる?

切って捨てるなら、医療用ウィッグに使ってもらおう!ヘアドネーションのまとめ。あさイチでも紹介をされました。

更新日: 2016年10月20日

azuncoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 171464 view
お気に入り追加

みなさんはヘアドネーションという活動をご存知でしょうか?

小児がんや白血病、先天性の無毛症、不慮の事故により髪の毛を失った子供たちや、女性達に人毛100%の医療用ウィッグを無償提供している活動です。

素材として使用できる最短の長さは”12インチ(30.48㎝)”ですが、基本的にはどの様な髪でも受付けております(特に長いものを多く必要としています)。
12インチに満たない長さの髪は、場合によっては廃棄処分、または転売(パーマ液やヘアカラー剤の新製品用テストサンプルとして、製薬会社や美容メーカーなどの研究開発に役立てることが可能)させて頂くことで、Onewigの制作費用に充てさせて頂きますので、事前にご了承の上、ご寄付下さい。

31cm~って結構大変・・・。

切る過程で31cm以上ありそうな髪だけをドネーションすることも可能です♪

毎日新聞2016年10月13日 東京夕刊でも特集が組まれました。

「この活動のいいところは、すべての人が笑顔になること。美容室の鏡の中の髪を切る人と切られる人、その先にいる子どもたちの笑顔を見たいという気持ちが何より原動力になる」

 髪を切った女性のほとんどは、こんな経験をしているだろう。「失恋でもしたの?」という反応。渡辺さんはこの言葉に対し、男性から「ドネーションしてきたの?」と尋ねられることが、活動が一般化したバロメーターになると考える。

 髪を切る=失恋。「そんな発想もう古い」と笑って言い返せる時代が近いことを願いたい。

パンテーンもプロジェクトでやっていました。

★海外の女の子も★

私の10歳になる妹が、美容師の私に髪を切らせてくれた。36cmのその髪の毛は、Wigs for Kidsへ寄付したよ。

31cm無いし・・・という方!25.4cm以上でこちらは寄付できます。

私(まとめ人)もドネーションしました!!

髪を切って軽くなったのと、素敵になったのに、寄付もできて、ルン♪ってなっちゃいます!

いつも切っている美容院から変えたくない!という場合は、ヘアドネーションのことを行きつけの美容師さんに相談してみてください!若しくは、ヘアドネーションをしたいから、切った髪を持ち帰りたいといってもOK!

まとめ人は【Dresshair】という恵比寿にある美容院で切って頂きました!

★賛同美容院から探すのもいいと思います!★

1





azuncoさん

日々の気になることをまとめていきます。