1. まとめトップ

やっちまった・・・縮んだニットを元に戻す方法

ニット縮んじゃったので調べました。みなさんもお気に入りのニットを洗濯して縮んでしまったことってありませんか?そのお気に入りのニット、復活させましょう。

更新日: 2014年12月17日

202 お気に入り 619473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yoshimokuさん

ウール・カシミヤにはヘアトリートメント

出典mery.jp

セーターにトリートメント?と思うかもしれませんが、ウールやカシミヤなどの動物の毛には効くんです。

縮んだセーターを復活させるには、髪を洗う時に使うトリートメントが効果的です。

アモジメチコン入りのものを使う

成分表記を確認してみてください。アモジメチコン(ジメチコン)と書いてあるものなら効果アリです。

トリートメントは何でもいいっていうわけではなく、
必ず「アモジメチコン」という成分が含まれたものを
使用してください。

成分表を確認して、「アモジメチコン(ジメチコン)」という表記があればOK。

トリートメントに含まれる「アモジメチコン」という成分が、縮んで絡まったセーターの繊維をまっすぐにのばしてくれます。

やり方は?

まず、洗面器や桶、洗面台などに
セーターが浸かるくらいまで水をためて、
そこにトリートメントを15g入れて混ぜます。

このトリートメントを薄めた液に
30分程度つけ置いたら、
洗濯機で軽く脱水します(1分弱程度)

あとは軽く脱水して、カタチを整えて陰干しすれば、サイズを元に戻すことができるのだ。

干し方も大事

ただ干すだけより、段ボールなどで作った型にニットをかぶせて干したりする方が元に戻りやすいようです。

軽く脱水後、さまざまな機械などを使うか干し方を工夫して元のサイズに戻します。要は衣類を戻したいサイズに引張りながら自然乾燥させると元に戻るのです。

袖や胴部分に段ボールを入れ、洗濯バサミで固定。裾には重りを洗濯バサミでぶら下げるといいようです。

① ダンボールを伸ばしたいサイズに切ります。

② ニットのサイズに切ったダンボールにかぶせます。

③ そしてダンボールとニットを洗濯バサミなどでとめます。

ニット類は乾燥後に約1cmくらい縮むのでダンボールを少し大きく作るのがコツです。
ダンボールとニットをとめるには大きな面の洗濯バサミでとめるのが理想です。できるだけ大きいサイズの洗濯バサミを使用してください。

この方法で元に戻せるのは、ウールやカシミアなど毛糸を用いたものだけ。アクリルやポリエステルなどの化繊には効果がない。

合成繊維や麻、綿などのセーターの場合はアイロンを使おう!

アイロン台にセーターを乗せて
一方を固定して反対方向に手で一気に伸ばすのではなく
ゆっくりと慎重に伸ばしながら
1cm程度浮かせてアイロンのスチームをじっくりと
当てていく

少しずつ場所を変えながら慎重に行う必要があるため、
根気がいる作業になります。

麻、綿には柔軟剤も効果あり!?

植物性の繊維には柔軟剤がよい?

綿や麻のような素材の場合、
トリートメントを試す価値もあるでしょうが、
トリートメントではなく柔軟剤を使用することによって
元に戻ることがあります。

柔軟剤を混ぜたぬるま湯の中で
少しずつ手で伸ばしていく。
伸ばし終えたら、直射日光の当たらない日陰で
平干しします。
乾いたら、アイロンで1cmの浮かせがけを行い
型を整えていきます。

1