1. まとめトップ

[なぜ!?今!?] アメリカ、キューバ国交正常化交渉へ

1961年より国交断絶状態にあったアメリカとキューバ。12月17日、アメリカ、キューバ両政府より国交正常化に向けた交渉に入るとの声明発表。なぜ今か?正常化が及ぼす影響は?

更新日: 2015年04月18日

1 お気に入り 4918 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

omowakuさん

キューバって?

場所

フロリダ半島の南に位置する島国

フィデル・カストロ(前)議長が有名!

キューバのトップ、カストロ議長、
2006年WBCにおいて、キューバと日本代表の決勝戦を終え、日本の優勝を称える。

ちなみに現在は弟のラウル・カストロが議長である。

野球が国技!!そして強い!!

今までなぜ国交がなかったのか?

西暦1961年、国交断絶。
断絶までの流れを簡単にまとめると、
スペインの植民地時代
→独立戦争
→アメリカが介入、スペインが敗れる
→キューバ「ヤッター独立だ!?」 
 新たな支配者アメリカ「勘違いしてもらっては困る」
→アメリカの保護国となってしまう
→カストロ、アメリカと戦うことを決意!! キューバ革命
1961年国交断絶。

その後も全面衝突には至らず
・・・現在に至る

アメリカさん自業自得じゃないですか・・・

なぜ今、国交正常化?

アメリカさんの思惑

アメリカとキューバの国交回復交渉。今日、仕事中で一番びっくりしたニュース。「ホワイトハウス」という海外ドラマで、キューバとの国交正常化のために大統領補佐官が交渉に向かう話があったけど、まさにそれ。ほんとサプライズ。これでイランもやったら、オバマは歴史に残るだろなあ

【国際】米国とキューバ、国交正常化交渉を開始へ、これまでの政策「失敗だった」…オバマ大統領が演説発表へ、首都ハバナに大使館再開も dlvr.it/7rl1Fj

まあ現状でキューバの存在が割とどうでもいいアメリカは対イスラム過激派対策に専念したいし、オバマ大統領としては外交的成果も示したいし、じゃあいっちょ講話しますかって所なのかな?南米の反米政権国家にも大きな影響が出るのではないか。

米 キューバと国交正常化交渉開始へ NHK nhk.jp/N4Gs5u2L「アメリカはキューバの社会主義革命などを受けて、1961年に国交を断絶し対立関係にありましたが、オバマ大統領は任期が残り2年となる中、自らの功績としたい狙いが…」…功績?それで結構じゃないかω

オバマ大統領の外交上の成果狙いか?
オバマ政権になってから対話重視で、規制を少し緩和していたようですが。

ロシアが緊急事態のこのタイミング!
敵はなるべく少なくということか!?

まあ平和が一番ですね。

キューバさんサイドの思惑

米 キューバと国交正常化交渉 - Y!ニュース (2014年12月18日(木)掲載) news.yahoo.co.jp/pickup/6142653 #オバマ政権 カストロの勝利。

厳しい経済情勢。
制裁解除で、海外からの投資、観光客の増加を狙うものとみられる。

50年以上耐えて、大勝利といった感じなんでしょうか?

NPBへの影響(深刻)

アメリカとキューバの国交正常化したらキューバ野球選手のNPB派遣減るかな 給料が良い、距離的にも近いMLBに流れる選手が増えそうやな あの契約の面倒くささを乗り越えられるか、てのもあるけど

アメリカとキューバの国交正常化が実現したら、キューバの有望な野球選手がもっと安全にMLBに移籍できて面白いだろうなぁ でもNPBにはめったにいい選手は来なくなるんだろうな…

アメリカとキューバの国交正常化した場合、キューバとしてはNPBよりMLBに選手を送った方が利益が大きい筈であり、日本でも起こりつつあるキューバブームはどうなるのだろうか? NPBとしては痛手だろうけれど、キューバとしては代表の質が上がり、亡命問題も改善するのだろうか。

キューバ旋風!!が吹き荒れていた2014年NPB

豪快なスイングで魅せるキューバの至宝セペダ。

アメリカさんロシアとも仲直りして下さい!

1 2