1. まとめトップ

【にやにや必至】現実世界に現れたリアルポケットモンスター「クアッカ」

クアッカの微笑みににやにやが止まらない。不思議と笑顔が伝染するまとめ。

更新日: 2014年12月18日

29 お気に入り 27120 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

At2Cさん

あ!野生のクアッカがあらわれた!

出典ameblo.jp

なんだその微笑んでるような顔は!!こっちまで笑顔になってしまう。

この超絶かわいいクアッカとは!?

クアッカワラビー(Setonix brachyurus)は、動物界脊索動物門哺乳綱二門歯目カンガルー科クアッカワラビー属に分類される有袋類。本種のみでクアッカワラビー属を構成する。

カンガルーでお馴染みの有袋類!

分布地がまるでポケモン

オーストラリア(西オーストラリア州南西部)

やっぱりカンガルーと同じ出身なんですね。

会うためだけにオーストラリアまで行きたくなるレベル。

この赤く染まった部分の南西部の島にこの子たちが!!

その地域でしか会えない…にしても愛くるしいなぁ~

湿原に生息するが、島嶼では荒地にも生息する。25-150頭からなる群れを形成して生活する。湿原では植物を踏み固めてトンネル状の通路を作り、その中を移動する。

島嶼(とうしょ)とは大小さまざまな島のことです。

On Rottnest Island the populations are organized into family groups.Adult males dominate the family and also form a linear hierarchy among themselves.

ネットレスト島では家族単位で群れが構成され、大人の雄を頂点に階級が決められているそうです。案外しっかりしてる!!

きっとこの二匹も家族なのかな?

Although the hierarchy is usually stable, on hot summer days the adult males fight intensively for the best shelters.

ただ普段は上下関係がしっかりしているにも関わらず、暑い夏の日には大人の雄たちが涼しい場所をめぐって激しい喧嘩をすることも…喧嘩の時も笑顔なのかな?

人間も暑いときイライラしますよね。

意外とかわいい顔して気性が荒い??と思いきや…

離島暮らしで外からの物に警戒心が薄いのでしょうか

クオッカのほうから寄ってきてくれることもあるようで、オーストラリアを訪れる観光客の間ではよく知られた存在なのだとか。

こんな愛くるしい子たちが寄ってくるなんて…羨ましい!
ちなみにクオッカと呼ばれることもあるようです。

いつか出会ってみたいものです。

大きさもまるで小型ポケモン

体長:オス43.5-54cm / メス40-50cm
尾長:オス26-31cm / メス24.5-28.5cm
体重:オス2.7-4.2kg / メス2.7-3.5kg

出典動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ 講談社

ポケモンで言えばピカチュウ位の大きさですね。

実際クアッカがモデルではないかという噂も…
ちなみにピカチュウのほうが6kgでやや重い。

この愛らしさはピカチュウ以上かも…

いつも笑顔でフレンドリー、しかもピカチュウみたいに愛くるしい君たちは完璧か!!

しかし…様々な脅威がクアッカを襲う

1 2