1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

chiiitamさん

お灸とは

お灸というのは、もぐさを体のつぼの上に乗せ、
線香で火をつけてもぐさを燃やす民間療法です。

お灸は、さまざまな症状に効果を発揮します。
身体を温め、血流を促すことで改善できる症状は、意外と多いもの。

お灸はその温熱で、ツボをシゲキして、血行をよくし、カラダをあたためヒトのカラダが本来持っている自然治癒力を高め、セルフケアをサポートします。

もぐさが燃えることで温熱の刺激から自律神経のバランスを整え、
体の自然な治癒力を高めるのが目的です。

お灸の特徴は自分で自分の治療と予防ができることにあります。

初心者でも簡単にできる♪

香りが苦手な人のためにアロマ成分を配合したものもたくさん販売されており、もぐさの香りが苦手という人でも大丈夫なようになっています。

最初は小さな台の上にモグサを乗せてある
『台座タイプ』のお灸が使いやすくお勧めです。

台座灸は、裏にシールが付いていて、体にピッタリくっ付き、安全に使えます。

お灸は従来のもぐさ100%のものだと取り扱いが難しく跡が残ることもあるので、あまり熱くない台座タイプを選ぶのがおすすめ。

※注意点

煙が出るので使用時には換気扇を付けること、
また、使い終わったお灸はしっかり水に濡らして火を完全に止めてから捨ててください。

・妊娠中は控える
・病気中は控える(お灸は病気を直に治すものではない)
・傷には使用しない(傷を治すものではない)
・顔・粘膜には使用しない
・入浴前後は避ける

うれしい美容効果♪

お灸は、全身の血流を促し身体を芯から温めることができるため、
お顔の血色が改善し、くすみを取り去ります。

水分代謝も高まるため、余分なむくみやたるみがすっきりとし、
お顔が引き締まるように感じる方も多いと思います。

お灸で、健康になり、美容効果も得られるなんて、ちょっとうれしいですね。

おすすめのお灸のつぼ

親指と人差し指の間のくぼみ部分です。

手の甲部分にあるツボですが、そこはストレス解消や体調を整えるなど1番万能なツボとも言われています。
ここでまずお灸をしてみて体に合うか合わないかを知ることが大切です。

足の内側のくるぶしからひざ側へ
指4本あたりのところにあります。

消化器系の働きを助けてくれるツボといわれています。
特に肝臓や腎臓にいいとされているようです。

1 2